リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー











産業分野














540 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Data Analytics
  • Design
  • Durability
  • Electromagnetics
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Model-Based Development
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • View All
大手メーカーも絶賛、Altair SimSolidのご紹介
2018年末に弊社が買収して以来、多くのお客様に驚きと感動を与えているメッシュレス高速構造解析ツールAltair SimSolidは、現在大手メーカ様を中心に、開発上流段階の形状検討や設計の絞り込み、比較検証などの作業にかつてないスピードを提供しています。



メッシュ分割不要の独自新技術、部品選別/形状簡略化不要、CADモデルをそのまま利用、メッシュエラー無し、CPUで計算可能(GPU等の高価なハードウェアの追加購入不要)といった、SimSolidの機能と特長を本セッションでご紹介します。


製品概要 | 14日間無償試用版申請


SimSolidを搭載したInspire で形状変更⇔解析が高速化!開発期間の短縮方法
SimSolidのジオメトリベースの構造解析ソルバーがAltair Inspire 2019.4に追加されました。これにより、日本語環境の直感的で使い易いGUI上でSimSolidを扱えるようになりました。さらに、InspireのダイレクトモデリングやPolyNURBS機能を利用して形状作成・変更を素早く行えます。



本講演では、SimSolidのソルバーが搭載された新しいInspireを使用して、設計変更と性能確認の繰り返し工数を短縮する方法をご紹介します。


SimSolid製品概要 | SimSolid14日間無償試用版申請

Inspire製品概要 | Inspire14日間無償試用版申請

SimSolidの国内外事例
ルノー社における車両サブフレームへのSimSolid適用例、中国武漢市にある5500パートに及ぶ回転舞台の解析、複雑でメッシュ作成が困難な人骨の形状に適用したカナダの事例、リードタイム短縮にSimSolidが寄与した事例を多数ご紹介します。




製品概要 | 14日間無償試用版申請


革新的なライセンスモデル - HyperWorks Unit

<ソフトウェアの経費削減>


1998年Altairは、CAE業界ではじめてトークン型のライセンス管理システムを採用しました。Altairのオンデマンド型ソフトウェアライセンスシステム(特許取得済)は、最小限の投資で最先端のソフトウェアを必要な数だけ利用できるという画期的なシステムで、企業の製品設計開発プロセスに柔軟に対応でき、ソフトウェアへの無駄な投資を抑えます。
  1. プリポストもソルバーも1つのライセンスシステムで
    HyperWorksが提供するあらゆるソフトウェア製品は、ライセンスサーバーから必要な数のトークン(HyperWorks Unit: HWU)を得ることにより稼動します。
    >> HyperWorks製品一覧

  2. 加算されないライセンス取得方法
    1人のユーザーが1つのコンピュータで複数のAltairソフトウェア製品を利用する場合は、それらのHWUはスタック(加算)されるのではなく、最も多くのHWUを必要とするソフトウェア製品のHWU数で、他のソフトウェア製品も同時に利用すること(レベリング)が可能です。
    *ソフトウェア製品によってはHWUがスタック(加算)されるものもあります。

  3. 他社製品も使用可能なパートナーアライアンス
    HWUライセンスは、Altairの提携するソフトウェアベンダーのソフトウェアでも使うことができます。この革新的なAltairパートナープログラム*により、追加料金なしでより幅広いソリューションにアクセスすることが可能です。
    *年間ライセンスの場合に限ります。
    >> Altairパートナープログラム

  4. 複数のユーザーがどこからでもアクセス可能
    HWUライセンスはプールに保管され、ソフトウェアを起動するとそこから引き出されます。ユーザーがソフトウェアを閉じるとHWUがプールに戻され、他の人が使用できるようになります。ライセンスはネットワークライセンスで、ライセンスサーバーにアクセスできれば、異なる開発拠点や生産拠点からでもソフトウェアを利用でき、ライセンスの効率的な利用が可能です。


積層造形向けの設計/シミュレーションツールInspire Print3Dご紹介ウェビナー
<2020年2月18日(火)放送>

Altair Inspire Print3Dは積層造形の方向やサポート材の検討、プリントシミュレーション、造形プロセスにおける欠陥の特定、プリント用ファイルのエクスポートが可能なソフトウェアです。Inspire Print3Dのこれらの機能や特長を紹介するウェブセミナーを開催します。


■主な機能と特長
- 部品やサポート材の設計
- 操作方法がわかりやすいユーザーインタフェース
- プリント解析
- 欠陥の特定

- プリント準備


■無償試用版
14日間の無償試用版をご利用いただけます。solidThinkingウェブサイトよりお申し込みください。

PBS Works クラウドの活用により、イノベーションを加速
PBS Worksの各製品概要や主な機能を紹介します。

HyperMesh、HyperViewキーボードショートカットテンプレート
HyperMesh、HyperViewの標準のキーボードショートカットのテンプレートです。

軽くて強い構造
軽いクルマを作ることは、材料コストを抑え、燃費効率を向上させるだけでなく、CO2排出量の削減にもつながるため、自動車業界が熱心に取り組む課題です。
一方で、乗員、乗客の安全を守ることは最優先事項であり、剛性を犠牲にすることはできません。
剛性を確保しながら軽いクルマを作るうえで欠かせないのが、構造シミュレーションと最適化技術です。
最適化を取り入れることで、知識、経験、直感だけでは適わない、画期的な軽量化が可能になります。
さらに、最適化テクノロジーを設計プロセスの初期段階で利用すれば、最適化結果を基に設計の方向性を決めることができ、性能目標を満たしながら効率的に開発を進めることができます。

空力性能の向上
車両走行におけるエネルギー損失の大部分を占めるのが空力損失です。故に、ソーラーカーやエコランのような原動力の小さな車両開発において、空力性能を高めることは重要課題です。
外部空力シミュレーションを活用して空力性能を高めることは、エネルギー消費量を削減するだけでなく、運転安定性を向上し、ドライバーの安全性を高めることにもつながります。

PCB設計ソリューション Altair PollEx
エレクトロニクス製品の開発は様々なエキスパート技術の集積です。しかし、使用するツールが異なることでそのコミュニケーションを阻害し、作業性を悪化させています。
PollEx(ポレックス)は、CADやシミュレータに依存しないオープンなシステムです。PollExによって、開発に関わる全ての部門、企業、事業部のナレッジを蓄積・共有し、製品開発のQCDを向上します。

設計者向けソフトウェアの精度を検証する

NAFEMSのIan Symingtonが、8つのベンチマークを通じて、Altair SimSolidの精度を検証しました。

内容は、エンジニアリングモデリング、解析およびシミュレーションコミュニティのための国際協会NAFEMSがBenchmark Magazineに寄稿したものです。 詳細はnafems.orgをご覧ください。


Altair SimSolidの製品情報

日本語メニューと進化した使いやすさ - ハイエンドCAEプリポスト HyperWorks X
<2019年 7月31日(水)放送>

企業や研究・教育機関で世界トップクラスの実績を誇るCAEプリプロセッサーHyperMeshが、「HyperWorks X」としてリニューアルされました。


日本語メニューになったほか、深いコマンド配置の撤廃、操作に迷わないよう工夫された様々なガイド、広範囲かつ複雑な課題に対する同一の操作環境など、操作感も一新され、ユーザーを強力にサポートします。ハイエンドな機能はそのままです。




■主な機能と特長

NURBSカーブ、サーフェス、ソリッド、PolyNURBSによる自由度の高い3Dモデリング
企業や研究・教育機関で世界トップクラスの実績を誇るCAEプリプロセッサーHyperMeshが、「HyperWorks X」としてリニューアルされました。

日本語メニューになったほか、深いコマンド配置の撤廃、操作に迷わないよう工夫された様々なガイド、広範囲かつ複雑な課題に対する同一の操作環境など、操作感も一新され、ユーザーを強力にサポートします。ハイエンドな機能はそのままです。

  • 刷新されたユーザーインターフェースと日本語メニュー

  • ガイド機能

  • モデリング機能

  • モーフィング機能






■放送中にいただいた質問

Q: 現在Evolveを使用していますが、バージョンアップはどうすれば良いですか?

A: 弊社もしくは販売代理店までご連絡いただければ、Inspire Studioのライセンスをご案内します。尚、EvolveデータはInspire Studioで読み込めますが、構成履歴がなくなってしまいますのでご注意ください。

Q: 既存のHWUでHyperWorks Xも利用できますか?

A: 既存のHWUで利用可能です。


Q: 21HWUでHyperWorks X、HyperMesh、SimLabを利用できますか?

A: いずれも21HWUでご利用いただけます。


Q: システム要件とハードウェアの要件を教えていただけますでしょうか。

A: システム要件等は、こちらからご確認ください。


Q: HyperWorks Xをインストールしましたが、メニューが日本語化されていませんでした。メニューを日本語化する方法を知りたいです。

A: HyperWorks Desktop 2019.1から日本語対応となりました。FileプルダウンのPreferenceメニューから、Applicationの項目で言語を変更できます。


Q: SimLabとの使い分けは、シェルを使うかソリッドを使うかだけの違いになりますか?

A: シェル、ソリッドだけではなく、SimLabにはエンジン特有の機能や、PT特有の機能があります。一方、車体モデルの構築や幅広い機能を有しているのがHyperWorks XとHyperMeshの強みです。それぞれの製品の強みを活かして独立した製品として今後も開発が進む予定です。


Q: CADジオメトリを編集すると元データも影響を受けますか?

A: ジオメトリを編集しても、元のデータには影響はありません。HyperWorks Xにおいてのみ形状が更新されています。


Q: HyperWorks X、HyperMesh、SimLabの使い分けを教えてください。それぞれどのような方をターゲットとしていますか?

A: HyperWorks Xは今回ご紹介したようにHyperWorks初心者の方やこれから覚えていく方のほか、既存のHyperWorksユーザーにとっても時短効果が高いツールです(HyperMeshも引き続きご利用いただけます)。SimLabはPT特有の機能が多数搭載されており、特にソリッドモデリングに強みがあります。


Q: HyperWorks Xはメッシャーという理解でいいでしょうか。解析の条件設定などは従来のHyperWorksで実施するのでしょうか。

A: HyperWorks X内で境界条件設定も可能です。基本的には、HyperMeshにあるコア機能は全てご利用いただけます。


Q: モーフィングの機能紹介が基本的にシェル要素に関する内容でしたが、テトラ要素やヘキサ要素を使用する場合の使い勝手は向上していますか?

A: 向上しています。大規模により強く対応する方針です。


Q: CATIA-V5(.CATPart)のモデルインポートには従来どおり、別途オプションのライセンスが必要なのでしょうか。

A: CATIA V5については別途ライセンスが必要となります。


Q: HyperWorksクラシックとHyperWorks Xとの間でのhmファイルの互換性はありますか。

A: 互換性はあります。相互に行き交うことが可能です。


Q: import、exportのパス名に日本語が入っていた場合も読込、書込ができますか。

A: パスに日本語が入っていても読込可能です。ただしドラッグアンドドロップでは読み込めないのでご注意ください。


Q: HyperMeshとHyperViewがXで一緒になったということは、積層材メッシュのPly+Laminate表示がポスト処理でも可能になっているのでしょうか?

A: 今後ポスト機能の搭載に合わせて順次可能になる見込みです。


Q: 開発でPythonを用いる場合、今までのTCLでのAPIがPythonにもすべて移植されているのでしょうか?

A: TCLでのAPIが今は標準的な使い方であり、今後も続きます。PythonはPlatFormとしては対応していますが、現時点でCommandWindowのような使い方はまだ使用環境が完全に整っておらず、利用開始はもう少し先になる見込みです。


Q: .modelという拡張子のものをimportできますが、そのモデルに対しても今回の拡張されたモデル修正機能を使用することはできますか。

A: .modelはCATIAのインターフェースとなりますが、今回ご紹介したジオメトリの一般的な編集が可能です。CADパラメーターの直接編集は現状NXのみとなります。


Q: CADのジオメトリ直接修正が紹介されていましたが、HyperMeshのCATIA Readerのようなオプションのアドオンリーダーなどは必要でしょうか。

A: パラメータ編集と同時に、バックグラウンドでCAD側の編集を行い自動更新するCADアップデート機能については、現在のところNXで作成されたファイルのみに対応しています。また、NXを起動できる有効なライセンスが必要です(弊社側の追加オプション等は不要です)。HyperWorks Xの大きな特徴であるダイレクトモデリングについては、CADの種類に関わらず編集が可能です。



■発表資料のご案内
ウェビナー中で使用した資料をダウンロードいただけます。
資料をダウンロード

Altair FluxMotor
Altair FluxMotor は、電気モーターの基本機能設計ソフトウェアです。様々な形状テンプレートに、巻き線、材料などを設定してモーターモデルを作成し、解析、ポスト処理、結果の比較を行います。

Altair HyperLife
Altair HyperLife は、包括的な耐久性解析ソフトウェアです。操作が容易で、主要なFEA の結果ファイルをそのまま読み込み利用できます。材料ライブラリを内蔵したHyperLife を使用することにより、様々な業界で見られるような、静解析および過渡応答解析で疲労寿命を予測できるようになります。

Altair Inspire Studio
Altair Inspire Studio は、デザイナー、建築家およびデジタルアーティストのための新しいソフトウェアソリューションです。
デザイン案の作成、評価、可視化をかつてないスピードで実現できます。初期スケッチからパラメトリックなNURBS ベースのポリゴン、サーフェス、ソリッドモデリングまでのデザイン工程を、Inspire Studio ひとつで推進できます。この強力な工業デザインソリューションは柔軟で覚えやすく、デザイナーの創造性を向上させます。

Altair Inspire
Altair Inspireは、設計エンジニアや製品デザイナーが構造特性に優れたデザインを作成、検証するためのソフトウェアです。

Altair Compose
Composeにより、エンジニア、科学者、製品クリエイターは、高度なマトリクスベースの数値計算言語とインタラクティブな統合プログラミング環境を使って、多彩な数値計算や自動化が可能になります。

Altair Activate
Activateは、製品クリエーターやシステムシミュレーション技術者、制御システムエンジニアなどが複合領域のシステムに対してモデル化・シミュレーション・最適化を実行するためのシミュレーションおよびモデルベース開発ソリューションです。

Altair WinProp
Altair WinProp は、電波伝搬と無線ネットワークプランニングのための最も完成された製品群です。大気圏外の人工衛星から、地上の地方、都市、屋内までの使用環境をカバーでき、革新的な電波伝搬モデルにより、短時間で正確な結果を求めることができます。

Altair Inspire Cast
Inspire Castは、製造部品の改良や最適化を可能にする鋳造プロセスシミュレーションソフトウェアです。

Altair Embed
Embed(旧VisSim Embedded)は、組み込みシステムのモデルベース開発のためのビジュアル環境です。非常に効率よくダイアグラムからコードを生成でき、開発期間の短縮と製品品質の向上を実現します。

Altair OptiStruct
Altair OptiStruct は、静荷重および動荷重下の線形および非線形シミュレーションのための、最新の構造解析ソルバーであり、構造設計と最適化のためのソリューションとしてあらゆる業界で幅広く使用されています。

Altair AcuSolve
Altair AcuSolve は、Altair の強力な数値流体力学(CFD)ツールです。ロバストかつスケーラブルなソルバーテクノロジーによって、流れ、伝熱、乱流、非ニュートン流体シミュレーションを簡単に実行できます。

Altair FEKO
高周波向け電磁界解析ソフトウェア FEKOは、複数の周波数領域および時間領域の解析手法を使用する先進的な電磁界シミュレーションソフトウェアです。

Altair HyperMesh
Altair HyperMesh は、製品開発効率化のための高機能な有限要素モデリングプリプロセッサであり、高度な対話型GUI を備えています。

Altair HyperStudy
複合領域設計性能スタディ・最適化ソフトウェアHyperStudy は、実験計画法、メタモデリングおよび最適化手法を駆使して、合理的な設計バリエーションの作成、解析実行管理、データ収集などを行います。

Altair MotionSolve
マルチボディシステムの解析と最適化を行うための統合型ソフトウェア

Altair MotionView
Altair MotionView は、直感的でユーザーフレンドリーなマルチボディシステムのモデリング環境です。物理的なプロトタイプを作成する前に機械システムの設計を迅速に構築、解析し、改善できます。

Altair Multiscale Designer
マルチスケールモデルを効率的に構築しシミュレーションするソフトウェア Multiscale Designerの日本語データシート


Altair Radioss
Altair Radioss は、衝突解析や破壊解析などの高度な非線形動的問題を扱うために開発された先進的な構造解析ソルバーです。

Altair SimLab
Altair SimLab は、プロセスの効率化に特化したフィーチャーベースの有限要素モデリングソフトウェアです。複雑なアセンブリを対象とした工学シミュレーションを迅速かつ高精度に実行することができます。

Altair Virtual Wind Tunnel
Altair Virtual Wind Tunnel は、外部空気力学解析に特化したソリューションです。ユーザーニーズに基づき設計されたGUI を有し、効率的に解析条件定義や解法選択を行えます。

Altair HyperGraph
Altair HyperGraph は、多数の主要CAE ソルバーの解析結果などのエンジニアリングデータを対象としたデータ解析およびグラフ作成ツールです。

Altair HyperView
Altair HyperView は、有限要素解析およびマルチボディシステム解析等のシミュレーション結果だけでなく、デジタルビデオおよびエンジニアリングデータを対象とした多機能ポストプロセッシングツールです

Altair Inspire Extrude
Altair Inspire Extrude は、設計者のための金属・樹脂押出シミュレーションソフトウェアです。

Altair ESAComp
複合材の評価と設計支援のためのESAComp

Altair ultraFluidX
Altair ultraFluidX は、乗用車や大型車、レーシングカーの空力性能を超高速に予測したり、建物や環境の空気力学を評価したりできるシミュレーションツールです。

Altair SimSolid
Altair SimSolid は、進化し続ける設計プロセスに対応するために開発された構造解析ソフトウェアです。従来のFEA の形状簡略化とメッシングが不要なため、大規模CAD アセンブリもメッシュレスで超高速に解析できます。

Altair カスタムソリューション
Altair のカスタマイズサービスチームは、お客様個々の要求に合わせてAltair HyperWorks をカスタマイズし、シミュレーションプラットフォームに組み込みます。

Altair ElectroFlo
Altair ElectroFlo は、CFD ベースの熱解析ソフトウェアです。電子機器の冷却など、EDA の難しい温度管理問題を
ミュレーションできます。

Altair HyperCrash
Altair HyperCrash は、自動車の衝突安全性能評価に必要な高精度シミュレーションモデルを効率的に構築するためのプリプロセッシングテクノロジーです。

HyperWorks製品総合カタログ
モデリング、解析、最適化、可視化、レポート作成、共同作業による知識管理という、シミュレーション プロセスのあらゆる場面に対応するHyperWorks製品すべてを網羅した総合カタログです。
-2019.12.20

Altair nanoFluidX
nanoFluidXは、複雑な運動を伴う複雑なジオメトリ内の流れを予測するための、粒子法ベースの流体力学シミュレーションツールです。

Altair Flux
先進的な電磁界 / 熱シミュレーションソフトウェアであるFlux は、30 年以上にわたり世界中の大手企業や大学研究室で使用されてきました。高精度の結果が得られることから、業界標準としての地位を確立しています。

粒状材料シミュレーション EDEM
離散要素法(DEM)技術と高水準のコンタクトモデルを用いて、EDEMはバルク材料及び粒状材料の挙動を素早く正確にシミュレーションします。EDEMのシミュレーションでは、バルク及び粒状材料が特定の処理条件や作動環境の下で機械設備とどのように影響し合うのかを考慮するための知見が得られます。

鉱業、重機およびプロセス産業における世界中の優良企業が、機器設計の最適化、生産性の向上、運用コストの削減、製品開発サイクルの短縮、および製品革新の推進にEDEMを使用しています。

EDEMの主な機能
- 多種多様な材料に対応
- 簡単なワークフロー
- ハイパフォーマンス
- 利用可能な材料モデル
- 高度なカスタマイゼーション
- 他社CAEとの連携

活用分野
- 鉱業および鉱物加工
- 重機
- プロセス製造

エンジニアリングにおける機械学習

GoogleやAmazon、Facebookなどの世界有数の大企業は皆、データを収集し高度に分析する技術で市場に変革をもたらす、データ駆動型の組織です。データは「新たな石油」と呼ばれ、市場で優位に立つための原動力です。


ところが、エンジニアリング分野において、機械学習技術の活用の動きはあまり素早くありません。今後5年間で一番成長が見込まれている技術は、機械の故障を予測する予知保全です。機械学習を応用させることで、保守コストや稼働停止時間が減少するメリットがあります。


動画では、数値的手法の活用を始めたギネス社のイノベーションの紹介にはじまり、人工知能(AI)と機械学習(ML)の違い、エンジニアリング分野における機械学習モデルの作り方などを解説しています。


エンジニアリング分野における顧客事例として、実験データとシミュレーションデータを組み合わせて学習させ、数値流体力学の代わりに液体の流れを予測する事例、ロボットアームの予知保全プログラムの事例も動画の最後に紹介しています。


ご興味をお持ちの方はアルテアエンジニアリングまでお問い合わせください。



こちらも併せてお読みください。
【ブログ】機械学習で「見た目」を限定して最適化する



有限要素シミュレーションの実践
有限要素法とは、シミュレーションの種類などの基礎にはじまり、解析を実行して精度検証を行うまでの手順を解説しています。

■収録内容
メッシング入門 / 要素の品質とチェック / 線形静解析 / 線形弾性材料情報 / 境界条件と荷重 /
モーダル解析 / 線形座屈解析 / ポストプロセス ほか


あらゆる設計ニーズに応える Simulation-driven Design プラットフォーム solidThinking
Altair solidThinkingは、工業デザイン、システム設計、構造・機構設計、生産シミュレーションなど、シミュレーション主導の設計に欠かせないロバストなソリューションをお得に利用できるプラットフォームです。solidThinkingに含まれる様々なアプリケーションは、多くの先進企業で、品質、コスト、製品化期間などの目標達成に貢献しています。

eBook 構造最適化の実践(英語)
この学習ガイドは、さまざまな最適化手法の基本の学習を目的としています。 最適化の「刺激的な」世界について詳しく知りたい学生や入門者向けに書かれています。

建築土木の課題に応える 統合型シミュレーションソフトウェアAltair HyperWorks
Altair HyperWorksは世界中のゼネコンや設計事務所で採用されているCAEソフトウェアツール群です。HyperWorksのライセンスシステムひとつで様々な解析を行えます。

JATC2019 OptiStructを用いた射出成形品の最適ゲート位置探索方法 3-09
ポリプラスチックス株式会社
青木 現 様

ガラス繊維強化樹脂の射出成形用金型の設計の際、ゲート位置に関しては、感と経験にて選定し、多数のゲートを組み合わせ、そり変形解析をして最善となる組み合わせと選択しているが、その根拠となる理論、機構は不明である。また、大型製品の場合、ゲート位置の組み合わせが膨大となるため、ゲート設計には多大な工数がかかっている。今回、OptiStructによる位相最適化を応用して最適なゲート位置となる部分を容易に予測する手法を紹介する。

JATC2019 EV向け異音・低級音ソリューション 1-01
Altair
松本 秀一

今後普及が予想される電気自動車の開発においては、内燃機関が無くなることによって顕在化するきしみ・がたつきなどの異音対策がより重要になります。

Squeak and Rattle Director(SnRD)を用いて、設計初期段階で異音が発生するエリアを特定するプロセスを、ユーザー事例を交えてご紹介します。

JATC2019 シミュレーションを拡張する市民データサイエンス
Altair
小口 暁壮

昨今の企業や組織においてデータの民主化が進み、統計学や分析手法に精通したデータサイエンティストでなくとも、データを最大限に活用することが求められています。Altair Knowledge Studioを利用することで、誰もが簡単に高度な診断的分析あるいは予測・処方的分析機能を駆使することが可能になります。HyperWorksによる有限要素シミュレーションにデータ分析の手法を組み合わせることで、従来は得ることが難しかった知見を獲得する事例をご紹介します。

JATC2019 HyperWorks Xハイライト
Altair
井上 正順

• HyperWorksXのベース機能
• HyperWorks CFD
• HyperWorks Design Explore

JATC2019 設計者CAEにAltair SimSolidが最適な3つの理由 1-08
Altair
小林 泰

設計者が開発上流でCAEを使用する”設計者CAE”の有用性については過去多く語られてきましたが、上手く活用されている報告はほとんどありませんでした。Altair SimSolidは新しい技術により、これまで設計者CAEがうまくいかなかった要因を克服できる製品となっています。なぜ最適な製品なのか? その理由を、結果を得るまでの速さ、経済性、結果の確からしさといった観点からご紹介します。

JATC2019 1Dシミュレーションの複合領域(油圧 / 電子回路 / 制御等)における拡張 - モデルベース開発ツールの新機能
Altair
由渕 稔

Altair Activateは、圧倒的な使いやすさを誇る、モデルベース開発のためのブロックダイアグラム環境です。各領域のModelicaライブラリおよび電気回路のためのSPICEライブラリを、数学処理や制御システム構築のための豊富なシグナルベースライブラリと組み合わせてダイアグラムを構築することにより容易に1Dシミュレーションを実行することが可能です。また、FMIに加えて機構や電磁場ツールとのダイレクトインターフェースを備えており、1D-3Dを統合した複合領域のシステムシミュレーションを実行することも可能です。

今回は、最新バージョンで追加された独自の油圧とSPICEのライブラリを用いた事例を中心に最新機能をご紹介します。また、姉妹製品である数値処理計算環境Altair Composeについても最新機能を併せてご紹介します。

JATC2019 メカ設計を革新するAltair MotionSolveの最適化と最新機能
Altair
池田公輔

  • MotionSolveで何ができる?
  • Altairの考えるマルチボディソリューション = 機構解析 最適化
  • マルチボディ最適化 - 最適的な機構を設計しましょう
  • 実稼働荷重を用いた構造最適化設計 - 最適な機構部品を設計しましょう
  • 連成シミュレーション - 全体性能を事前に確認し、試作を減らしましょう
  • Exampleライブラリ


JATC2019 SnRDによるインパネ異音解析の車両開発への適用 1-02

桝井 茜 様
技術研究所 | マツダ株式会社


車両のNVH性能向上のためには、車両走行中に発生する内装部品のたたき音や擦れ音といった異音および低吸音の発生予測は重要な技術である。

そこで、インパネの異音発生リスクを評価するために、Squeak and Rattle Director(SnRD)を用いて検討を行い、過渡応答解析にて発生するモデルのドリフト現象の抑制や、挙動の再現性向上検討を通じて、相対変位を指標として異音発生リスクを見える化した。


JATC2019 非接触による神経活動センサーの実装およびその評価方法の検討 5-04

大森 潔
Altair


近年注目されている運転者の意識障害による交通事故発生の問題を受け、運転者のバイタルサインを検出するセンサーへの関心が高まっている。

本講演では運転者の神経活動に伴う頭部の誘電率の変動を非接触でモニタリングするセンサーに着目し、基礎的なシステムの実装およびその評価方法について検討を行う。視覚誘発電位すなわち時間的に変化する画像パターン提示時に誘発される応答を指標として評価を試みる。

JATC2019 HyperWorksと人工知能(AI)を用いた船体構造の新しい骨組強度評価法の開発 6-08

古野 弘志 様
工学部工学科 船舶工学コース | 長崎総合科学大学


一般に、船体は連続的な構造部材で構成されるため、隣接部材の影響を考慮する必要がある。このような問題は、Lagrangeの未定乗数を用いたエネルギー法を適用することによって比較的容易に解くことができるが、多元連立方程式を解く等の煩わしさがある。しかし、ある種の問題では、荷重とスパンを変数とする簡単な関数でLagrangeの未定乗数を決定することができる。ここでは、Lagrangeの未定乗数に端部固着係数を導入し、HyperWorksの解析結果を学習させた人工知能(AI)を用いてより高精度な評価法を開発する。(今回の発表は、研究の中間報告とさせて頂きます。)

JATC2019 Altair流体ソルバーの特長と適用分野 4-01
Altair
芝野 真次

JATC2019 CFDのためのクラウドソリューション 4-05
Altair
北邑 剛

JATC2019 5G時代の電波解析に対応!高周波電磁界解析ツールAltair Feko / WinProp新機能 5-01
Altair
チャヨノ リドー

近年のワイヤレス技術の発展においては、コネクテッドカーや5Gを含むいくつかの注目すべきトピックがあります。これら 2 つの技術を実現するには、正確な設計が必要です。

設計の迅速化とコスト削減には、シミュレーションが大変有効な手段となります。Altair FekoおよびAltair WinPropは、電波伝搬シナリオと包括的な3次元電磁界解析ソルバーにより、それらのニーズに応えるための優れたシミュレーション技術を提供します。

本講演では、仮想走行試験 と 5G シミュレーションに関する両製品の新たな機能や事例をご紹介をします。

>> Altair Feko
>> Altair WinProp

JATC2019 低周波領域の磁界、電界、伝熱現象の解析 - Altair Flux新機能 5-05
Altair
山倉 鉄矢

JATC2019 電動機設計のための解析ソリューション 5-06
Altair
山倉 鉄矢

近年盛んになっている電動機の開発には、電流と磁界の磁気的な相互作用や、運転状態における回転子構造に発生する応力分布、電気-磁気-機械エネルギー変換の取り扱いなど、様々な領域の物理現象を取り扱う必要があります。

当講演では、電動機設計に関わるAltairのソリューションと、電動機回転子構造の最適化などの役立つ事例をご紹介します。

JATC2019 NVH Directorを活用したフルビークルNVH解析プロセス 5-08
Altair
松本 秀一

フルビークルNVH解析を実施するためには、膨大なサブモデルのアセンブリや現象に応じた結合特性値の一括変更、解析結果の分析など、複雑な作業が必要になります。

本講演ではNVH Director(NVHD)を使用してフルビークルNVH解析を実施するプロセスとユーザー事例をご紹介します。

>> NVH Direct

JATC2019 HyperWorksを基礎とする船体構造設計支援ツール PrimeShip-HULL のこれまでとこれから 6-01
一般財団法人 日本海事協会
船体開発部
梶岡 尚輝 様

本会は、構造評価ソフトPrimeShip-HULLのプラットフォームとしてHyperWorksを採用して以来、CSR-BC&OTをはじめ、コンテナ運搬船や自動車運搬船向けなど多様な構造評価ソフトを開発してきた。

ソフトの開発にあたっては、船殻設計者からの貴重な意見を反映するとともに、アルテア社の最新技術を導入し、構造設計に関する工数削減を目指している。

本公演では、最新の開発成果を紹介するとともに、今後のPrimeShip-HULLの展望について述べる。

JATC2019 Altair Radioss 2019新機能と最新事例(バッテリー衝突時の発火問題、エアーバッグ折り畳み ほか) 7-01
Altair
田井 秀人

Altair Radiossバージョン 2018~2019.1で強化された機能について解説します。

  • 計算速度向上
  • 時間ステップ改善
  • 新材料、破壊則
  • ALE、複数材料
  • 準静解析

その他、Radiossを使ったエアーバッグ折り畳みデータ作成機能や、バッテリの衝撃発火問題への取り組みをご紹介します。

JATC2019 Altairの疲労解析ソリューション(Altair HyperLife ほか) 7-02
Altair
塚本 昌美

Altairには従来から疲労を評価するためのモデル作成、解析ノウハウがあります。今年リリースしたHyperWorks 2019から、疲労解析ツールAltair HyperLifeが新たに加わりました。本講演では、Altairが提供している高精度な疲労解析のノウハウとHyperLifeの特長をご紹介します。

JATC2019 Altair OptiStruct/HyperStudy 2019新機能 7-03
Altair
山本 哲哉

ユーザー限定資料
*Altair Connectへのログインが必要です

JATC2019 Model Verification Director(MVD)の新機能ハイライト
Altair
ラビ デビッド


JATC2019 HyperWorksソルバープラットフォームAltair SimLabのご紹介 2-01
Altair
依宋 海希

機構解析によるブロック吊り強度解析 6-07
Altair
荒井 太一

弾性体を考慮した機構解析によるブロック吊り強度解析
•ブロック吊り検討における従来手法とその課題
•機構解析によるブロック吊り強度解析の開発
•適用事例

Fekoによるモーメント法、物理光学法、幾何光学法を用いた散乱断面積計算に関する検討 5-04
株式会社テラバイト
並木 武文 様


今日レーダーは、様々な物体探査や自動車の衝突防止など日常生活で幅広く利用されており、その指標である散乱断⾯積(RCS)をシミュレーションする技術が重要となっている。ここでは、コーナーリフレクターのRCSを電磁波解析ソフトウェアFekoで計算した結果について発表する。計算には3つの手法(モーメント法、物理光学法、幾何光学法)を用い、計算精度と計算コストについて比較し、⼤型物体のRCSを高精度かつ高効率で計算する方法について述べる。

JATC2019 【パネルディスカッション】AIと機械学習とCAE
近畿大学 和田 義孝 様 | マツダ株式会社 川口 克也 様 | オムロン株式会社 岡田 浩 様 | 産業技術総合研究所 人工知能研究センター 木佐森 慶一 様 | Altair Dr. Shidan C Murphy

汎用 熱・流体解析ソルバー Altair AcuSolve
Altair AcuSolve は、Altair の強力な数値流体力学(CFD)ツールです。ロバストかつスケーラブルなソルバーテクノロジーによって、流れ、伝熱、乱流、非ニュートン流体シミュレーションを簡単に実行できます。精度検証された物理モデルが非構造メッシュに適用されるため、効率的に高精度な解析を実行できます。

すぐにできる疲労解析ツール Altair HyperLife
形状を確認しながら直感的に操作できる疲労解析ソフトウェアです。結果をHyperLife 上で確認でき、ウィークポイントをすぐに把握できます。

HyperLifeのウェブページ

全てのタイプの数値処理をひとつの製品で Altair Compose
Altair Compose は、CAE ポスト処理、マトリクス演算、微分方程式、信号処理、制御系設計等を実行するための、ハイレベルなマトリクスベース言語とインタラクティブかつ統一されたプログラミング環境を提供します。
学術研究・個人向け︓ ベーシックエディション(無償)
https://www.altairjp.co.jp/mbd2019/

モデルベース開発、複合領域シミュレーションのためのブロックダイアグラム環境 Altair Activate
1D-3DCAE、モデルベース開発、制御システム設計のためのツールAltair Activate を設計プロセスの初期段階で適用することにより、複合領域の挙動を容易にモデル化し、システム全体の性能を把握できます。
学術研究・個人向け︓ ベーシックエディション(無償)
https://www.altairjp.co.jp/mbd2019/

メッシュレス高速解析ツールSimSolid
設計者が開発中のCAD モデルをそのまま解析できるAltair SimSolid は、新しいアルゴリズムを用いたメッシュ不要の超高速解析ツールです。200 部品のアセンブリモデルのインポートから線形静解析までをノートPCで1 分20 秒という驚異的な速さで行います。

ブロック吊り上げシミュレーションCrane CAE Manager
Crane CAE Manager は、構造物の吊り上げ作業をAltair MotionSolveとAltair OptiStruct による機構解析と構造解析を連成することで、現実的かつ厳密なシミュレーションを可能にするシステムです。
特に船舶建造時のブロックの吊り上げ作業では、Crane CAEManager によって、作業時のブロック姿勢や発生する過渡的な応力を容易に求められることから、より質の高い強度検討を実現できます。

データインテリジェンス Altair Knowledge Works
Altair はDatawatch 社を買収し、同社の保有する一連の製品をAltair Knowledge Works として提供します。Knowledge Works は、セルフサービス分析、予測分析、およびストリーミング分析をサポートし、幅広い業界に適合します。

5G電波伝搬解析ウェブセミナー
近年注目集めている「第5世代移動通信システム(5G)」の基本的な解説に加え 、Altair WinPropによる5G電波伝搬モデルを紹介します。

  • 5Gについて



設計フロー開発支援プラットフォーム Altair FlowTracer
Altair FlowTracerは、設計フローの可視化、ハード / ソフトウェア(ライセンス)リソースを考慮したジョブ実行、および複数の開発者とフローグラフを共有して開発が可能な設計フロー管理プラットフォームです。

Altair FlowTracerのウェブページ


SimSolid “実際的な問題”検証資料 - 応力精度の検証 -
SolidWorksのCADモデルを用いた、SolidWorksのシミュレーションとAltair SimSolid™の静解析の結果が比較されています。

Altair HyperLife ご紹介ウェビナー =すぐにできる疲労解析ツール
Altair HyperLifeとは

Altair HyperLife は形状を確認しながら直感的に操作できる疲労解析ソフトウェアです。結果をHyperLife 上で確認でき、ウィークポイントをすぐに把握できます。
本ウェビナーではHypreLifeを利用した疲労解析の流れを解説し、他のAltair HyperWorks製品と組み合わせた評価手法をご紹介します。

ウェビナーの内容:
・疲労限度(SN:応力疲労、EN:ひずみ疲労)データベースの標準機能
・高サイクル疲労(SN)、低サイクル疲労(EN)の評価機能
・ランダム荷重履歴のインポート機能

*2019年6月25日放送

Altair HyperLifeの製品概要

スマートプラグで充電器業界にイノベーション | Altairスタートアッププログラム
フランスに本社を置くスタートアップ企業のGulplug社は電気自動車やプラグインハイブリッド車に用いられる給電プラグや充電技術に大変革をもたらし、業界にイノベーションを巻き起こすような新製品を開発するため、Altair Flux™とAltairスタートアッププログラムの活用を決めました。

HyperView Player 2019
Altair HyperView Playerは、PCおよびUNIX用のWebブラウザプラグインを含むスタンドアロンの3Dビューアーで、ブラウザを介してCAEモデルとシミュレーション結果を共有できます。

複合領域システムの設計アプローチを用いた小型ブレーカーの開発
極めて短い期間での市場投入要求の下、小型ブレーカの自動再閉路装置の既存の標準設計を、新しい地域でのさまざまな動作条件(電圧や温度など)に適合させるという課題を抱えたSchneider Electric社の成功事例

生産技術者・金型設計者向けCAEソリューション
Altairの生産技術ソリューションは、コンピューターシミュレーションの使い方を変革します。直感的な操作、高速計算、ダイレクトモデリングによる形状作成、最適化機能などにより、CAEは検証のために使うだけでなく、設計のために使えるツールになります。

プロセス指向のFE モデリング Altair SimLab
SimLab は大規模モデルを軽快に操作しながら、迅速に高品質の有限要素モデルを作成できるフィーチャーベースの有限要素モデラーです。ダイレクトなCAD インポート、ロバストなメッシュ作成能力を備え、CAE プロセス自動化を強力に支援します。

進化したハイエンドプリポスト Altair HyperWorks X
企業や研究・教育機関で世界トップクラスの知名度を誇るCAE プリポストツールHyperWorks DesktopがHyperWorks X としてリニューアルされました。統一されたGUI、深いコマンド配置の撤廃、操作に迷わないよう工夫された様々なガイド、広範囲かつ複雑な課題に対する同一の操作環境など、進化した使いやすさと機能でユーザーを強力にサポートします。

Altair HyperWorks Unlimited
Altair HyperWorks Unlimited は、最先端のCAE クラウドアプライアンスです。物理・仮想のどちらの形式も取ることができ、アプライアンス内においてAltair のソフトウェアを無制限に使用することができます。

電気モーターの事前設計用 FluxMotor
FluxMotor は、電気モーターの事前設計用ソフトウェアツールです。標準部品またはカスタマイズされた部品、巻き線、材料などからモーターを作り、選択したテストを実行して結果を比較することができます。

ページ: 1  2   3   4   5   6  

RSS icon Subscribe to RSS Feed

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています