リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー













産業分野














8 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Design
  • Durability
  • Electromagnetic
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
真のフロントローディングを実現するCAEツールsolidThinking Inspire

『設計者CAE』、『フロントローディング』、どちらもすでに10年以上前から提唱されている言葉である。そして,3次元CADツールには、解析機能を持つCAEのモジュールが組み込まれてきており、環境も整えられつつある。では、実際に、設計者はそれらを使用しているだろうか?

Platform Support(稼働環境)- HyperWorks 14.0.120/220

HyperWorks 14.0.120/220(14.0.220 solver packageを含む)がサポートするプラットフォーム、OS、プロセッサー等一覧。

3D プリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

大量生産に向かないことや使用できる材料の種類に制限があることなどの問題があるとはいえ、型を作成する必要がなく、従来の製造手法では作成することができなかった複雑な構造物を製造することができる3Dプリンターが使用されることを最初から想定し、その特性を最大限に活用することができる設計手法が必要となる。そのような設計手法の一つとしてのトポロジー最適化についての論文。(「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載)

HyperXtrude 2015による押出成形シミュレーション

ユーザビリティを大幅に向上させることに焦点を当て、ダイス設計者、現場の生産技術の専門家およびエンジニアが、金型の設計を簡単に検証することを可能にするHyperXtrudeの紹介。(軽金属 第65巻11号)

包装貨物へのシミュレーション解析適用例(日本包装学会誌 Vol .23 No.4 2014)

包装の分野でも、設計や評価において、シミュレーション解析をうまく活用することで、「試作(金型製作を伴う場合も)→評価→不合格による手戻り」のプロセスを最小限にとどめることができるようになり、開発期間やコストの大幅な削減につなげられることが期待されている。また、実際にそういった効果が得られた事例なども報告されている。 シミュレーション解析には、用途に応じて様々な手法、ツールがあるが、ここでは「包装貨物」の評価のためにシミュレーション解析を応用した事例を二つ紹介する。

容器設計のための流体・構造連成事例(PDF)

より高機能、より安全な容器を求めて、これまで独立に扱われてきた容器内の流体現象と容器の変形応答を同時に扱う流体・構造相関解析(FSI: Fluid-Structure Interaction)への関心は徐々に高まってきている。そこで、本論分では、FSIの基礎となる概念をまとめた上で、四つの流体・構造相関(構造・流体共に既知FSI、剛体構造変形FSI、線形弾性構造変形FSI)解析を示し、超弾性体構成則ALE(Arbitrary Lagrangian Eulerian)を用いた容器内の流体・構造相関の現状と可能性を示した。

【PBS日本語資料】Virtual Wind Tunnelシミュレーションの活用

外部空気力学の最適化のためのCray とAltair のソリューション

3Dプリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

1980年代後半にその手法が提案され、1993年に構造解析プログラムであるHyperWorks OptiStruct に導入されたトポロジー最適化は、工学的に有意な生物学的構造を作り出すことが可能な手法であり、このテクノロジーを適用することにより、従来設計手法の難点を克服し、3D プリンターの特性を活かすことのできるコンセプトデザインを創出することが可能となった。<br>-「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載

RSS icon Subscribe to RSS Feed