リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー











産業分野














21 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Design
  • Durability
  • Electromagnetics
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Model-Based Development
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • View All
【Altair情報誌】Concept to Reality Japan Fall 2013/Winter 2014- 日本語版
米国本社が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事です。【INDEX】テクノロジーがデザインをインスパイアする / エンジニアリングの直観では不十分な場合 / 新素材と解析によるイノベーション / シミュレーションツール:デザインの未来を牽引する / BASFが軽量化により自動車産業を啓発 - 2014年発行

エンジニアリングの直観では不十分な場合【C2R2013】
構造エンジニアが何か新しいものを設計する際は常に、自身の直観、経験および知識を頼りにします。問題がそれほど複雑でない場合は大抵、ノートパソコンを開く前にソリューションを思い描くことができますが、設計空間が複雑になり、複数の荷重が様々な方向から適用される場合には、彼らのエンジニアリングの直観だけでは十分に対処できない状況が増えてきます。-Concept to Reality Japan Fall 2013/Winter 2014- 日本語版に掲載

電動工具の開発を支えるシミュレーションテクノロジー【C2RJ2015】
Stanley Black & Decker 社のブランドであるDeWalt ではCAE を軸にして、ハイエンドで長寿命の業務用電動工具を開発しています。-Concept to Reality Japan Winter/Spring 2015- 日本語版掲載

Concept to Reality Japan 2017
Concept to Reality(C2R) Japanは、Altairが発行する情報誌「Concept to Reality」の翻訳版です。

ハイパフォーマンス コンピューティングで 気象予報の質を向上
ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)が、高精度で正確かつタイムリーな予測を行うために必要な処理能力を提供(Concept to Reality 2017掲載)

自動車ファンの心をくすぐる新たなeミュージック
昔はあれほどガソリンや鉄に心を揺さぶられていたのに、
現在では、電磁の波を乗りこなす高性能自動車にスリル
を覚えているのです。(Concept to Reality 2017掲載)

軽量化の取り組みから生まれた画期的な自動車
General Motors 社とContiTech NorthAmerica 社が、最先端の設計手法と製造プロセスを駆使し、乗用車の軽量化と燃費向上を達成(Concept to Reality 2017掲載)

シミュレーションによりロールケージ設計の期間短縮
オーストラリアの企業が、モータースポーツのドライバーを保護するロールケージ構造の試験に仮想ツールを活用(Concept to Reality 2017掲載)

ユニークな設計で実現した羽根なし風力タービン
コンピューターによるモデリングが、羽根なし風力タービンの画期的な設計検証を後押し(Concept to Reality 2017掲載)

イノベーションを実現し続けて30周年
なぜスタートアップ企業から数百万ドル規模の革新的な企業へと成長できたのでしょうか?その答えは経営陣が知っています。Altairが進化を遂げ、この30年にわたる技術のトレンドを力に変えてきた理由について、経営陣の見解をご紹介します。(Concept to Reality 2016掲載)


3Dプリンティング製 人工衛星コンポーネント
人工衛星や計器の構造物の設計 / 製造 / 試験を請け負うRUAG Space社の専門家は、この度パイロットプロジェクトの一環として、積層造形法(AM)を用いて地球観察衛星向
けアンテナ支柱を設計 / 製造しました。(Concept to Reality 2016掲載)

Jaguar Land Rover社が環境にやさしいアルミニウムボディに移行
Jaguar Land Rover社が車両開発プロセスで先進テクノロジーを活用して、顧客の高い期待に応えるとともにカーボンフットプリントを低減した事例をご紹介します。(Concept to Reality 2016掲載)

【Altair情報誌】Concept to Reality Japan Winter/Spring 2015- 日本語版
米国本社Altair Engineering, Inc.が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事に、日本独自の技術、製品、イベント情報を追加したものです。【INDEX】トポロジー最適化と3D プリンティングの組み合わせが設計のイノベーションを加速 / 業務用電動工具の開発を支えるシミュレーションテクノロジー / NASA が複合材機体の被雷時の損傷を検出するワイヤレスセンサーを開発 / JSF のパイロットの体温上昇を抑える冷却ユニット / 最適化テクノロジー: 確かな技術を活用し、より優れた製品を開発する - 2015年発行

Xeroxがシミュレーションで実現する高品質プリント
Xeroxが物理試験と仮想モデルの活用により、費用対効果に優れた高品質のオフィス用カラープリンタを開発(2010発行 C2R記事抜粋)

【Altair情報誌】Concept to Reality Winter/Spring 2016(日本語版)


米国本社Altair Engineering, Inc.が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事です。-イノベーションを実現し続けて30 周年 / 3Dプリンティング人工衛星コンポーネント / ネバダ大学は、いかにしてスーパーコンピューターを導入、活用できたのか / Jaguar Land Rover 社が環境にやさしいアルミニウムボディに移行 / 設計の可能性を広げるIoT 革命 /
2016年発行

C2RJ2011 構造最適化で宇宙ペイロード打ち上げを支援
航空宇宙企業(ATK Aerospace Systems社)がオリオン宇宙緊急離脱システム用間にホールドの軽量化にシミュレーションソフトウェアを採用

  • ATK Aerospace Systems事例(PDFをダウンロード) Concept to Reality Japan 2011 Summer/Fall【日本語版】内記事抜粋

    ノズルマニホールドの飛行重量最適化には、スチールに比べて重量密度を約60%削減すれば、弾性係数も同じく約60%減少してしまうことまで考慮しなければならないという、いくつもの難問が待ち構えていました。
C2RJ2011 バードストライクを解析する
鳥が飛行機に衝突する事故の増加を受け、
航空機の安全確保を目指す新たなCAE 手法が誕生

  • バードストライクの解析事例(PDFをダウンロード) Concept to Reality Japan 2011 Summer/Fall【日本語版】内記事抜粋

    バードストライク解析は、自動車における衝突解析とは似て非なるものです。過去さまざまな有限要素法が使われてきましたが、バードストライク解析の業界標準になりつつあるのが、粒子流体力学(smooth particle hydrodynamics)にもとづくSPH法です。 この技法では、鳥という試験物により構造体に運動エネルギーを加えながら、鳥がバラバラになって消散する様子まで再現することができます。
C2RJ2011 シミュレーションで航空機用ドア開発を効率化
Eurocopter グループが解析を活用して、設計工数の
短縮と安全な航空機用ドアを開発するプロセスを自動化



C2RJ2010 自動車の世界最速記録更新を目指して
革新的な超音速自動車の設計者グループが、技術力を生かしてエンジニアリング上の難題を解決
─ 次世代のエンジニアや科学者への大きな刺激に

  • 自動車の世界最速記録更新を目指して(PDFをダウンロード) Concept to Reality Japan 2010 Summer【日本語版】内記事抜粋

    2名のイギリス人Richard Noble氏とAndy Green氏の新しい使命は、Bloodhound SScでの成功を足がかりにして、軍用ターボファンエンジンEuroJet EJ-200とハイブリッドロケットモーターを搭載したクルマを作り出すというもの。このクルマは、全長12.8メートル以上、重量はおよそ6.5トンになります。EJ-200エンジンを除き、コンポーネントはいずれも特注設計です。
Concept to Reality Japan SUMMER/FALL 2012
米国本社Altair Engineering, Inc.が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事に、日本独自の技術、製品、イベント情報を追加したものです。----------【INDEX】文化財を護る梱包の技 - シミュレーションツールによって、博物館の貴重な文化財を搬送する際の負荷を低減 / CFD で進化する競技用自転車のパフォーマンス - 高度に自動化された数値流体力学(CFD)ワークフローにより、流動挙動の把握とホイールの空力特性改善が可能に / クラウドで革新する - CAE クラウドコンピューティングにより革新を加速、ボトムラインのIT コスト削減へ / シミュレーション: レースでのスピードと安全の両立をめざして - シャーシメーカーではシミュレーションと最適化を軸に、サーキットで最速かつ最高の安全性を備えたレーシングカーを開発 / PLMソフトウェアへの投資を適正化する - インドのオートバイメーカーでは、ビジネス分析を駆使してソフトウェア利用状況と調達判断を最適化

C2RJ2012 CFD で進化する競技用自転車のパフォーマンス
技術者たちは最近、CFDプロセス全体を飛躍的にスピードアップさせる、高度に自動化された反復性に優れたワークフロー手法の模索と開発を始めています。その成果は最近、米国航空宇宙工学協会(AIAA)主催による会議で発表され、複数のホイール構成における詳細な流動シミュレーションを可能にしたことで、自転車のパフォーマンスにおいてタイヤ、フォーク、ブレーキ、チューブ、リムが果たす役割に新たな光を当てました。

RSS icon Subscribe to RSS Feed

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています