リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー











産業分野














525 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Design
  • Durability
  • Electromagnetics
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Model-Based Development
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • View All
システムシミュレーションを用いたモデルベース開発
【制御、電気モーターを考慮した立ち乗り電動二輪車の走行シミュレーション】 モーターを使った製品全体としての電力効率最適化の手法として、システムシミュレーションがあります。


[How to ESAComp #01]厚み方向で解析結果を確認する
[使ってみると悪くないESAComp使い方集 #01]OptiStructの結果をESACompに読み込めば厚み方向で解析結果を確認できる。   ESACompはたったの6HWUで使用可能な複合材設計ソフトウェアです。他製品に比べて影の薄いESACompですが、OptiStructと併用するなど、使い方を知れば便利で使えるツールです。ここではそんなESACompに光を当てて、面白い使い方を紹介していきます。

  •  
最適化とシミュレーション Inspire
コンセプト設計から製造性の確認まで、最適化を原動力にした設計を実現

HyperView基本操作動画 #06 任意座標とメッシュ節点の距離
HyperViewの「Add Object」を使って、任意座標とメッシュ節点の距離を計測する方法をご紹介します。

蝶をモデルとした小型はばたきロボットの研究開発
東京電機大学の蝶型ロボットの開発におけるAcuSolveを用いた飛翔解析とMotionSolveによる運動解析の連成

低周波電磁界解析ソフトウェア - Flux
AltairのFluxは、低周波電磁界問題を解くのに適した解析ソフトウェアです。電磁場および熱場の複雑な現象を捉え、将来の製品の挙動を高い精度で予測することができます。


高周波電磁界解析ソリューション- FEKO
AltairのFEKOは、高周波界磁場問題を解くのに最適な解析ソリューションです。自動車産業をはじめ、航空宇宙、エレクトロニクス、医療など様々な分野で使われています。

FEKOの製品概要はこちら▼
http://www.altairhyperworks.jp/product/FEKO

自動車部品サプライヤー、Simulation-driven Platformの導入により設計開発の難題をクリア
インドの大手自動車部品サプライヤーEndurance社は、①初期投資額が高額ではなく、②所有コストが安価で、③コードの信頼性と実績も十分で、④様々なソルバーを利用できて(文字通りマルチフィジックスな環境)、⑤シミュレーション要件に合わせて都度ソルバーを選択できる、HyperWorksの強みを最大限に活かし、これまで以上に高品質の製品を迅速かつ正確に開発することが可能になりました。

組み込みシステムのモデルベース開発のためのビジュアル環境Altair Embed
ブロック図モデルからコードを自動生成して一般的なコントローラーハードウェアにコードを転送できる、組み込みシステム開発用のツール

【学生フォーミュラ】福井大学 - アップライトの剛性と軽量化の両立
福井大学フォーミュラカー製作プロジェクト(FRC)はは、第15回大会に参戦した車両FRC17でInspireを活用し、アップライトだけで合計1360gの軽量化に成功。ベルクランクなどの剛性と軽量化の両立が必要な部品にも使用しました。 - 2017.10

【シェルエコマラソン】ネルソンマンデラ大学 - エコカーの軽量設計
シェルエコマラソンのガソリン部門で優勝歴のあるネルソンマンデラ大学のエコカーチームNMMU Eco Carは、Altairのソフトウェアを使って車両の軽量化に成功しました。

【シェルエコマラソン】ネルソンマンデラ大学の新しい学習アプローチ
学生を最先端の技術に触れさせるため、エンジニアリング学習をオンラインに移行し、学生、教育機関、産業界に提供するという新たなアプローチを紹介します。

【学生フォーミュラ】東京理科大学-Inspireで効果的な肉抜きを決定
東京理科大学は全日本学生フォーミュラ大会に出場する車両のブレーキペダルの設計にInspireを使用しました。Inspireで効果的な肉抜きを決定した結果、昨年度に比べ約100gの軽量化に成功しました。

200トンの船体ブロックを壊さず吊るには? シミュレーションでリアルに再現
多様化する船種・船型、省エネルギー化など顧客のさまざまなニーズに対応しているサノヤス造船のインタビュー記事。「1ヶ月かかっていた解析がわずか1週間で」
*本記事は2017年9月6日のマイナビニュースに掲載されました。

日野自動車の「未来の自動車づくり」を支える開発プロセス革新とは
Inspireを活用すれば、開発の初期段階でデザインを既存概念にとらわれず膨らませることができ、しかもこの「コンセプトとエンジニアリング条件の合致」したデザインは、後の工程まで生きる可能性が高まり、手戻りを大幅に削減できます。*本記事は2017年8月31日のマイナビニュースに掲載されました。

航空機開発にイノベーションを起こすJAXAの挑戦
7月25日・26日に開催された「Altairテクノロジーカンファレンス(ATC)」で登壇した国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の航空技術部門 構造・複合材技術研究ユニット 青木雄一郎様へのインタビューから、現在の航空機開発においてJAXAが果たす役割や挑戦をお伝えする。 *2017/08/21マイナビニュース掲載記事

スーパーエレメントのトポロジー最適化への適用
スーパーエレメントのトポロジー最適化への適用により、計算時間を削減する例題です。

製造業界の救世主あらわる! 中小企業と大企業のエンジニアリング格差を埋める
2017年7月25・26日に開催された2017 Japan Altair テクノロジーカンファレンス(ATC)で、数々の大手企業や有名企業が登壇する中、参加者が熱心に聞き入った非営利組織、デジタル設計モデルを活用し、設計品質向上や試作コスト削減などを図るデジタルプロトタイピングの取り組みを中小製造業に普及させる、デジプロ研の代表、太田明氏へのインタビュー。*本記事は2017年9月4日のマイナビニュースに掲載されました。

【世界の学生フォーミュラ】Auburn大学、複合材シャーシとモノコックのデザイン最適化
Auburn大学フォーミュラSAEは、世界の上位チームに匹敵する効率のよいレーシングカーを製作するため、車両に複合材料を幅広く活用し、HyperWorksを適用してモノコック、空力付加部品、シャーシ、衝撃吸収構造等の部品を設計・解析しました。

Concept to Reality Japan 2017
Concept to Reality(C2R) Japanは、Altairが発行する情報誌「Concept to Reality」の翻訳版です。

ハイパフォーマンス コンピューティングで 気象予報の質を向上
ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)が、高精度で正確かつタイムリーな予測を行うために必要な処理能力を提供(Concept to Reality 2017掲載)

自動車ファンの心をくすぐる新たなeミュージック
昔はあれほどガソリンや鉄に心を揺さぶられていたのに、
現在では、電磁の波を乗りこなす高性能自動車にスリル
を覚えているのです。(Concept to Reality 2017掲載)

軽量化の取り組みから生まれた画期的な自動車
General Motors 社とContiTech NorthAmerica 社が、最先端の設計手法と製造プロセスを駆使し、乗用車の軽量化と燃費向上を達成(Concept to Reality 2017掲載)

シミュレーションによりロールケージ設計の期間短縮
オーストラリアの企業が、モータースポーツのドライバーを保護するロールケージ構造の試験に仮想ツールを活用(Concept to Reality 2017掲載)

ユニークな設計で実現した羽根なし風力タービン
コンピューターによるモデリングが、羽根なし風力タービンの画期的な設計検証を後押し(Concept to Reality 2017掲載)

Multiscale Designer がもたらす、 誰でもマルチスケール解析ができる世界
一般にマルチスケール解析を行うには、高度な計算アルゴリズムの理解が必要ですが、Multiscale Designerは、複合材パターンとひずみ応力特性を入力するだけで平均化された物理特性を得ることができます。Multiscale Designerで取得した材料特性のパラメータを使うことで、さまざまな解析・最適化を精度良く行うことができます。

*伊藤忠テクノソリューションズ様主催の「CAE POWER 2017 名古屋(2017年7月11日)」にて講演

ユーシンの鋳造シミュレーション
自動車部品メーカーである株式会社ユーシンは自動車デッドロックピンのダイカスト鋳造シミュレーションにClick2Castを使用し、欠陥箇所の特定と設計を最適化しました。


【世界の学生フォーミュラ】カリフォルニア州立工科大学のホイール開発
カリフォルニア州立工科大学ポモナ校のフォーミュラSAEチームBronco Raceは、アルミホイールよりも剛性が高く、軽量なホイールシェルの開発に挑戦する炭素繊維ホイールシェルプロジェクトを2年前に始めました

HyperWorks 2017 稼働環境 - Platform Support
HyperWorks 2017 稼働環境 (サポートするプラットフォーム、OS、プロセッサー等一覧)

自動車メカトロニクス機器製造のBitron社-Fluxを用いた電子アクチュエーター開発
自動車メカトロニクス機器製造のBitron社の、Fluxを用いた電子アクチュエーター開発 *日本語字幕

FluxMotorのご紹介(日本語字幕)
FluxMotorは 電気モーターの基本設計に特化したソフトウェアです。初めてお使いになる方向けの説明動画です。

機構システム検証ツール - Inspireモーション
Inspireモーションはパワフルかつ直感的な操作の、可動部位における機構システム検証ツールです。Altairの強力なMotionSolveエンジンを搭載し、構造解析やトポロジー最適化と同じくInspireで使えます。

Ryerson’s International Hyperloop チーム(英語)
Ryerson's International Hyperloop Team utilized solidThinking Inspire and metal additive manufacturing to redesign and produce a custom motor bracket for its Hyperloop Deployable Wheel System.

真のフロントローディングを実現するCAEツール solidThinking Inspire
機械設計4月号(2017年)、第2部 最新!設計者のためのCAE活用ガイドに掲載された『真のフロントローディングを実現するCAEツール』に関する記事です

真のフロントローディングを実現するCAEツールsolidThinking Inspire
『設計者CAE』、『フロントローディング』、どちらもすでに10年以上前から提唱されている言葉である。そして,3次元CADツールには、解析機能を持つCAEのモジュールが組み込まれてきており、環境も整えられつつある。では、実際に、設計者はそれらを使用しているだろうか?

Ankers社
Ankers社は、MotionSolve とAltair Activate の連成シミュレーションを使用して、 ブレーキに発生する熱と制動距離に関する検証し、シス
テムの挙動を最適化しました。

PaceControls社のモデルベース設計
HVACR 産業向けクラウドIoT ソリューションの技術開発・製造で市場をリードするPaceControls 社は、solidThinking Embedのモデルベース設計機能と自動コード生成機能を随所で活用することで、開発期間と予算を守りながら、エラーのない高品質な製品を開発できました。

Wilson のゴルフクラブ デザインコンペ
Wilson Labs の指導の下で作成されるテレビ番組Driver
vs. Driverの技術協力として、Altair
のエンジニアとインダストリアルデザイナーチームが
選ばれました。

solidThinking Activate 2017インストールガイド
solidThinking Activate 2017インストールガイド

solidThinking Compose 2017 インストールガイド
solidThinking Compose 2017 インストールガイド

HyperWorks 2017 - Altairのソルバープラットフォーム
HyperWorks 2017のリリースでは、更に多くの機能を実装し、最適化技術を向上させました。特にOptiStructの非線形解析が大きく発展し、RADIOSSの材料モデリングも進歩しました。HyperWorksは、現在求めるられている物理解析を完全網羅するソリューション群となりました。

  •  
HyperWorks 2017 - プリ・ポストプロセッサ
HyperWorks 2017のプリ・ポストプロセッサーは、前バージョンから何が変わったのか?HyperMesh、SimLab、HyperView、HyperGraphの強化点、新機能を分かりやすく解説します。

  •  
HyperWorks 2017 - 非線形解析&最適化
HyperWorks 2017の非線形解析機能と最適化は、前バージョンからどう進歩したのか?主にOptiStruct、HyperStudyの強化点、新機能を解説します。

  •  
HyperWorks 2017 - モデル構築とアセンブリ
HyperWorks 2017のリリースでは、モデリングおよびアセンブリ機能を強化しました。内蔵の部品ライブラリに新しい部品ブラウザを含め、部品のインスタンス化も可能になりました。

  •  
Woodland/Alloy Casting社
アルミニウム鋳造メーカーWoodland/Alloy Casting社は、Click2Castを利用して船舶排気ハウジング部品の鋳造を消失模型法から砂型法へと移行し、品質を落とさずに湯口系を改良

[AOP] 慶応義塾大学 - 延性破壊条件を求めるための簡易試験片形状の検討
延性破壊条件を求めるための簡易試験片形状の検討 - 慶応義塾大学 / 田原孝浩、大宮正毅 [2017.3]

Faraone社
軽量化されたアルミニウム押出材の新開発により、全面ガラス製のバルコニー手摺の剛性の向上、設計期間の短縮、生産コストの削減を実現

WinProp製品データシート
WinProp は、電波伝搬と無線ネットワークプランニングのための最も完成された製品群です。大気圏外の人工衛星から、地上の地方、都市、屋内までの使用環境をカバーでき、革新的な電波伝搬モデルにより、短時間で正確な結果を求めることができます。

HyperView Player 2017
Altair HyperView Player は、PC および UNIX 用のウェブブラウザプラグインを含んだスタンドアローン3Dビューアーで、ブラウザを介したCAEモデルやシミュレーション結果の共有を可能にします。 HyperView Player は、全社規模の設計・開発プロセス全般の製品データ可視化について、連携のとれたソリューションを提供します。

鋳造欠陥を回避する! Click2Castの設計活用事例ウェビナー
Click2Castの最大の特長は、「シンプルな5ステップによる鋳造シミュレーション」で、ポロシティなどの鋳造欠陥の予測を容易に、かつ高精度に行うことができます。本ウェビナーでは、ユーザー解析事例など、実際に役立つ情報をご紹介いたします。(2017年3月)

モーション×最適化で構造をスリムに ウェビナー
Inspireは初期設計を行うために必要な3D ダイレクトモデリングに加え、材料の削減や軽量化に有効なトポロジー最適化機能、基礎的構造シミュレーション機能を搭載した設計エンジニアのためのソフトウェアです。
複雑な動きする機構部品の軽量化ができるInspireモーション機能をご紹介いたします。なお、板金部品の設計者向けの板厚最適化や、その他の新機能もご紹介いたします。
Inspire 2017.1

制御系とプラントを一括モデリング - 新時代の1Dシミュレーション - Activate/Compose 2017
制御システムとプラント(物理コンポーネント)モデルを同時に、かつ、メカ / 電機 / 熱等を組み合わせた複合領域の1Dシミュレーションが可能なActivateの新機能をご紹介します。また、Composeについては、新機能の紹介に加えて、従来はExcel等で数日を要していたCAE結果のプロット作成を数分で可能にした、3DCAEとの強力な連携による"スマート"ポスト処理機能も併せてご紹介します。(2017年3月実施)

STLからパラメトリックデザインへ - 意匠設計の革新ツール ウェビナー
Evolve 2017の新機能紹介を含めたヒント&ティップスをご紹介します。シミュレーション結果をデザインに反映させる数々のツールや、モデルに合わせてリアルを実現するためのレンダリングの設定など、3次元デザインを身近にするEvolveのテクニックをお持ち帰りください。(2017年3月実施)

HyperView基本操作動画 #05 中間節点の結果値
HyperView 14.130で可能になった、中間節点の結果値の取得方法をご紹介します。


MDS と RADIOSS 連携解析の例題
CFRP 材料を含む平板の四点曲げ解析を行う例題です。CFRP 材料挙動を Multiscale Designer(以下 MDS)で計算し、そのほかの材料と、全体の挙動を RADIOSS で計算します。
本書の手順が対応しているバージョンは RADIOSS 14.0.230、MDS 3.2、HyperWorkdDesktop 14.0.130 です。

*例題PDFはAltair Connect(ユーザー限定)からダウンロード可能です

HyperView基本操作動画 #04 ページカウンター
HyperView 14.130で新しくなったページカウンター機能をご紹介します。(2017年公開)

HyperStudyでRADIOSSの弾塑性材料パラメータを同定する例題
【材料引張り試験の荷重ー変位カーブから HyperStudyで RADIOSSの弾塑性材料パラメータを同定する例題】
RADIOSSのJohnson-Cook 弾塑性材料 /MAT/PLAS_JOHNS のパラメータをHyperStudy で最適化し、材料試験の荷重―変位曲線に合わせこむ例題です。何らかの理由で、信頼できる応力―ひずみグラフを入手できない場合に有効です。また、本例題では引張り試験を扱いますが、三点曲げ試験など、荷重と変位の関係が得られる試験であれば、同じ方法が適用できます。
本書が対応しているバージョンは RADIOSS 14.0.230、HyperWorkdDesktop 14.0.130 です。


【日本語】APEL社が所要時間とコストを抑えながら、ダイスの押出性能を試験する
押出成形メーカーのAPEL社は、所要時間とコストを抑えながらダイスの押出性能を試験するため、Click2Extrude を利用して、製造を開始する前に押出成形をシミュレーションしました。

HyperView基本操作動画 #03 新しい注釈
HyperView 14.130で新たに注釈の形を変更できるようになりましたので、ご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #01 高性能デザイン
曲面サーフェスに強いモデリングソフトなので、レンダリングもデフォルト設定のままにフォトリアルを実現できます。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #02 履歴機能
Evolveの履歴機能。モデリング・レンダリングソフトEvolveには、どこまでも戻れる履歴機能があります。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #03 ポリゴンモデリング
PolyNURBSを使えば、ポリゴンとNURBSを行き来することができます。 (2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #04 デジタルモデリング
3Dモデリング・レンダリングソフトEvolveのデジタルモデリングをご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #05 アセンブリデータの展開
アセンブリデータ(CATIA、Creo/ProE、NX、SolidWorks、Inventorなど)の展開をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #06 ポリゴンデザインの花びん
Evolveを使って、ポリゴンデザインで花びんを設計してみました。(2017年公開)


ヒント&チップス Evolve #07 レンダリングの設定と実行
[Inspireでデータ作成>Evolveでレンダリング]の際の設定や手順です。ライティングなどの複雑な設定不要です。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #08 ラベルの貼り付け
3Dモデリング・レンダリングソフトEvolveで、容器などにラベルを貼り付ける方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #09 ポイントクラウドからサーフェス
Evolveで、3Dスキャンした点群データなどを3次元モデルにする方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #10 バネ形状の作成1
Evolveで、バネ形状をシミュレーションするためのモデル作成方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #11 バネ形状の作成2
バネ形状をシミュレーションするためのモデル作成方法2回目は、渦巻き状のバネに挑戦します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #12 サーフェスの追加1
Evolveで、欠けてしまったモデルの曲面を、連続性を保ったまま補完する方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #13 サーフェスの追加2
Evolveで、離れたサーフェス同士を、滑らかなサーフェスを追加してつなぐ方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #14 可変フィレットの作成
異なる半径間を滑らかにつなぐようにフィレットを変更できるようにする、可変フィレットの作成方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #15 交差するサーフェスの処理1
交差するサーフェスを処理する方法をご紹介。不要なサーフェスを選択除去して簡単にソリッド化することができます。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #16 交差するサーフェスの処理2
交差するサーフェスの処理として、サーフェスとソリッドを上手に使い分ける方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #17 ハイブリッドモデラー
サーフェス、ソリッド、ポリゴンという3つの異なるモデリングに対応するハイブリッドモデラーEvolveの真髄をお見せします。(2017年公開)

【シェルエコマラソン】TUfast Ecoチーム、世界新記録を樹立
学生が自ら構想、設計、開発、製造した車両のエネルギー効率を競う国際大会の一つであるシェルエコマラソンにチーム設立の2011年以来毎年出場するTUfast Ecoチームの、CAEを活用した成功事例です。

HyperGraph基本操作動画 - 複数カーブの平均
HyperGraphで簡単に複数カーブを平均する方法です。(2017年公開)

APEL社の押出成形シミュレーション
押出成形メーカーのAPEL社は、所要時間とコストを抑えながらダイスの押出性能を試験するため、Click2Extrude を利用して、製造を開始する前に押出成形をシミュレーションしました。

Mubea社、ハイパフォーマンスコンピューティングによりテーラーロールドブランクの最適化プロセスを効率化
「社内のHWUL クラスター上のリソースだけでなく、ワークロードのピーク時にはクラウドの計算キャパシ
ティを短期間だけ借りることもあります。そこで、HPC チャレンジの機会を利用してHWUL Virtual
Appliance を試験的に使用することにしました」
- Mubea Tailor Rolled Blanks(独), CAE Engineer, Niklas Klinke

HyperMesh基本操作動画 #35 ブラウザの更新
HyperMesh 14.130でブラウザを更新する方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #34 2つのボリュームを結合
HyperMeshの基本的な操作のうちでも、2つのボリュームを結合する方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #33 ブラウザからカーブ作成
HyperMeshでブラウザからカーブを作成する方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #32 F2キーの活用
HyperMesh 14.130でのF2キーの活用方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #31 起動エラー
HyperMeshで起動エラーが起こった場合の対処方法です。(2017年公開)

韓国気象庁、電力消費量を抑えたスーパーコンピューター設備を実現
韓国気象庁が、PBS ProfessionalとAcuSolveを使って、パフォーマンスを維持しながら電力消費量を抑えた革新的なスーパーコンピューター設備を実現

HyperMesh基本操作動画 #30 簡単なCylinder形状作成
HyperMeshで簡単にCylinder形状(円柱)を作成する方法です。(2017年公開)

Alstom社(英語事例)
Alstom utilized solidThinking Inspire to optimize an existing component design to be manufactured with casting or alternatively with additive manufacturing technologies. This resulted in a 70% weight reduction.

LEIBER Group社(英語事例)
LEIBER社は、Inspireを利用して車両のサスペンションビームの設計・最適化を行った結果、50%以上もの質量の削減に成功しました。

Triton Bikes(英語)
3Dプリント製カスタムチタンバイクTritonのリアヨークを、solidThinking Inspire で性能の向上、軽量化、生産性の向上を実現


ラティス構造を有する金属部品の3Dプリンティング
軽量なハイブリッドラティス構造を検討するAltairのトポロジー最適化技術、最適形状コンセプトを積層造形データに変換するMaterialise社の技術、Renishawの3Dプリント技術を結集したことで実現した建造物用スパイダーブラケットの開発秘話。

積層造形部品を活用したマウンテンバイクフレームの開発 - Robot Bike
世界最高のマウンテンバイクフレーム開発を目的として、航空宇宙エンジニアとマウンテンバイク愛好者が設立した英国のスタートアップ企業Robot Bike Companyが、積層造形部品の長所を活かした高性能マウンテンバイクフレームの開発に挑む

構造部材を3D積層造形で製造するメリット*日本語字幕
世界的なエンジニアリング企業Arup社のシニアデザイナーが語る、「ビルやインフラなどあらゆる建築物の構造部材を3D積層造形で 製造することのメリット」とは?*日本語字幕

[AOP] 群馬大学 - 自動車用の斜面を有する吸音二重壁構造の減衰応答のFEM・MSKE 解析
自動車用の斜面を有する吸音二重壁構造の減衰応答の
FEM・MSKE 解析 - 長谷部将人、佐藤雄平(群馬大学院)/ 山口誉夫、丸山真一(群馬大学)/ 黒沢良夫(帝京大学) [2016.12]

[AOP] 広島大学 - トポロジー最適化と3Dプリンタを用いたポーラス材料設計に関する研究
トポロジー最適化と3Dプリンタを用いたポーラス材料設計に関する研究 - 広島大学 大学院工学研究院 機械システム・応用力学部門
竹澤晃弘 [2016.12]

[AOP] 広島大学 - トポロジー最適化と金属3Dプリンタを用いたポーラス材料の開発
トポロジー最適化と金属3Dプリンタを用いたポーラス材料の開発 - 広島大学 大学院工学研究院 機械システム・応用力学部門 竹澤晃弘 [2016.12]

[AOP] 信州大学 - 構造色の有限要素解析 ~ルリビタキの羽毛繊維の構造色と入射角度依存性~
構造色の有限要素解析 ~ルリビタキの羽毛繊維の構造色と入射角度依存性~ - 藤井 雅留太,信州大学 工学部 環境機能工学科 [2016.12]

[AOP] 大阪府立大学 - 倒立振子型車両と操縦者の3次元連成モデルを用いた旋回運動解析
倒立振子型車両と操縦者の3次元連成モデルを用いた旋回運動解析 - 大阪府立大学 / 岡本 晃和、中川 智皓、新谷 篤彦、伊藤 智博 [2016.12]

3D積層造形する人工衛星の遠隔操作用アンテナ支柱の形状最適化【日本語字幕】
世界No.1の独立系の宇宙関連部品サプライヤーRUAG Space社が、3D積層造形する地球観測衛星SENTINEL 1B用部品の設計にHyperWorksを使う理由とは?

ページ: 1   2  3   4   5   6  

RSS icon Subscribe to RSS Feed

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています