リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー











産業分野














508 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Design
  • Durability
  • Electromagnetic
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • View All
SimLab基本操作シリーズ #18 節点投影_平面

節点の平面への投影方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #16 節点投影_円筒

節点の円筒面への投影方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #15 リブの厚さ変更

【サーフェスメッシュボディの形状修正】リブの厚さを変更する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #14 リブの移動

【サーフェスメッシュボディの形状修正】リブを移動する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #13 フェイスのオフセット

フェイスを法線方向にオフセットする方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #12 ソリッドボルトの作成

座面と雌ネジ部のメッシュを使用してソリッドボルトを作成する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #11 フェイスの分割-チェイン

連続した要素エッジのループを抽出してフェイスを分割する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #10 微小要素の削除

マニュアル操作による微小要素の削除方法をご紹介します。(2016年公開)

3D プリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

大量生産に向かないことや使用できる材料の種類に制限があることなどの問題があるとはいえ、型を作成する必要がなく、従来の製造手法では作成することができなかった複雑な構造物を製造することができる3Dプリンターが使用されることを最初から想定し、その特性を最大限に活用することができる設計手法が必要となる。そのような設計手法の一つとしてのトポロジー最適化についての論文。(「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載)

SimLab基本操作シリーズ #09 ヘキサ要素の自動生成

全自動ヘキサメッシング機能を用いたヘキサ要素の作成方法をご紹介します。SimLabは複雑な形状に対しても対応可能な超高速ヘキサ要素作成エンジン(※追加モジュール)を搭載しているため、初心者でもボタン1つでヘキサ要素を作成可能です。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #07 座面の作成

座面の作成方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #08 フェイスの置き換え

【ボリュームメッシュボディの形状変更】表面フェイスを置き換えてボリュームメッシュボディの形状を修正する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #06 共有面の作成

接合面に共有節点を作成する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #05 ボルトホールの一括削除

【サーフェスメッシュボディの形状修正】半径を指定して、ボルトホールを一括削除する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #04 フィレットの削除

【サーフェスメッシュボディの形状変更】フィレットの削除方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #03 グリッド(マップド)メッシュの作成

フェイスを選択してマップドメッシュへ変更する方法をご紹介します。フリーメッシュをマップドメッシュへ修正する際に便利な機能です。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #02 ガスケットインプリント

ガスケットフェイス上の節点をデッキフェイス上へインプリントする方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #01 ボルトホールの削除

【サーフェスメッシュボディの形状修正】フェイスを選択して、ボルトホールを削除する方法をご紹介します。(2016年公開)

Evolve 紹介ウェビナー - solidThinking 2016

Evolve 2016では、ポリゴンとNURBSの両方の機能を有するPolyNURBSが強化され、簡単な操作で複雑な形状をサーフェス化することができるようになりました。
*2016年3月18日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016」の録画です。

HyperView Player 14.0

Altair HyperView Player は、PC および UNIX 用のウェブブラウザプラグインを含んだスタンドアローン3Dビューアーで、ブラウザを介したCAEモデルやシミュレーション結果の共有を可能にします。 HyperView Player は、全社規模の設計・開発プロセス全般の製品データ可視化について、連携のとれたソリューションを提供します。

Inspire 紹介ウェビナー - solidThinking 2016

Inspireは構造設計者向けのコンセプト設計ソフトウェアです。形状作成と編集、荷重条件、結果の確認等の新機能についてデモを交えながら紹介しています。
*2016年3月15日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016」の録画です。

Inspire 2016のグリッパーブラケットのモデル

Inspire 2016のロボットグリッパーブラケットのモデルです。

MVD最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0

Model Verification Director(MVD)バージョン5の新機能を紹介するウェビナー

HyperView基本操作動画 #02 モデルの鏡面コピー

モデルの鏡面コピーの方法です。(2016年公開)

HyperView基本操作動画 #01 変形モデルの出力

変形モデルの出力方法です。(2016年公開)

自動車産業界におけるFEKOの活用

自動車用アンテナとEMC 性能の解析・設計・最適化

Altair の多種多様な解析手法を統合した高周波電磁界シミュレーションソフトウェア製品群であるFEKO は、アンテナや電磁適合性(EMC)の問題を解析および設計するためのツールとして、自動車産業の広範なOEM 企業やサプライヤー企業で使用されています。

HyperMesh基本操作動画 #29 削除の拡張機能

HyperMesh 14.0で拡張された削除機能です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #28 固定ポイントを考慮したシェル要素作成

HyperMesh 14.0で固定ポイントを考慮したシェル要素を作成する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #27 圧力設定時の面選択

HyperMesh 14.0で圧力を設定する際、簡単に面選択を行う方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #26 メッシュライン表示の改善

HyperMesh 14.0で改善されたメッシュラインの表示です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #25 シートベルトの設定

HyperMesh 14.0でシートベルトを設定する方法です。(2016年公開)

ホストID(MACアドレス)の取得方法

Student Edition等の申請に必要なホストIDの取得方法

HyperMesh基本操作動画 #24 ドラッグ>サーフェス作成

HyperMesh 14.120のラインの法線方向にドラッグしてサーフェスを作成する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #23 Undoのアップデート

HyperMesh 14.120でアップデートされたUndo機能です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #22 organizeの追加機能

HyperMesh 14.120で追加されたorganizeの機能です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #21 V14法線表示の改善

HyperMesh 14.0で改善された法線表示の方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #20 GUIの不具合 の修正

GUIの不具合を修正する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #19 お気に入りメニューの登録

よく使うメニューの登録方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #18 穴周りのワッシャー層(形状)作成

穴周りにワッシャー層を作成(形状)する方法です。(2016年公開)

  • 穴周りにワッシャー層を作成(形状)する方法です。(2016年公開)
HyperMesh基本操作動画 #17 板厚でコンタ表示

モデルに設定されている板厚でコンタ表示する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #16 パイプ形状作成

パイプ形状の作成方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #15 荷重を補間して設定

荷重を補間して設定する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #14 モーフィングを使った曲率変更

モーフィングを使った曲率変更方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #13 メッシュの穴埋め

簡単にメッシュの穴を埋める方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #12 メッシュに穴を作成

簡単にメッシュに穴を作成する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #11 リブ作成(形状)

簡単なリブ作成(形状)の方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #10 最短距離の計測

最短距離の計測方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #09 簡単な1D要素の3D表示

簡単な1D要素の3D表示方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #08 異なるメッシュサイズで境界面共有化

異なるメッシュサイズで境界面を共有化する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #07 メッシュの結合

簡単なメッシュの結合方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #06 円柱形状(ソリッド形状)の作成

円柱形状(ソリッド形状)の作成方法です。(2016年公開)

HyperMesh Tips動画シリーズ モデルブラウザ編

「これ、もっと簡単にできるのでは?」「これは何に使う機能?」などと思っていた小さな疑問を解決する、HyperMeshをもう少し楽に使いこなすコツやヒントを集めました。

HyperMesh基本操作動画 #05 ANSYSモデルセットアップ

ANSYSモデルセットアップ方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #04 モーフィングを使って形状にメッシュをマッピング

モーフィングを使って形状にメッシュをマッピングする方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #03 穴の中心点を作成(サーフェス形状)

穴の中心点を作成(サーフェス形状)する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #02 コンポーネント単位で一度にテトラメッシュを作成

穴周りにワッシャー層を作成(メッシュ)する方法です。(2016年公開)

HyperMesh基本操作動画 #01 穴周りにワッシャー層を作成(メッシュ)する方法

穴周りにワッシャー層を作成(メッシュ)する方法です。(2016年公開)

HyperXtrude 2015による押出成形シミュレーション

ユーザビリティを大幅に向上させることに焦点を当て、ダイス設計者、現場の生産技術の専門家およびエンジニアが、金型の設計を簡単に検証することを可能にするHyperXtrudeの紹介。(軽金属 第65巻11号)

車両重量と燃料消費の削減 - トリノ工科大学(英語)

シェルエコマラソンヨーロッパコンペで、車両重量と燃料消費の削減に成功したトリノ工科大学の学生チームH2politO

[AOP]東京大学 - 人工衛星用のベアリングの有限要素法解析

人工衛星用のベアリングの有限要素法解析 / Investigation of the vibration behavior of the rolling bearing unit for space equipment by finite element method - 東京大学 - Academic Open Program, [2015.12]


[AOP]信州大学 - 構造色の有限要素解析 ~ルリビタキの羽毛繊維の構造色と光吸収の影響~

ルリビタキはスズメ目の小鳥であり、雄の羽は幼体からおよそ2年かけて色が変化し、成体になると美しい青い羽となる。このような羽衣熟成遅延と呼ばれるルリビタキの羽の繊維は、ケラチンをベースとした繊維の中に、無数の微細な空気孔と比較的大きい空気孔で構成される構造となっており、いわゆる構造色であると考えられている。 - 信州大学工学部 藤井 雅留太 [2015.11]

VisSim データシート

初期コンセプトからHIL の検証まで、モデルベース開発を牽引するVisSimの機能を紹介するデータシートです。

[AOP]広島大学 - トポロジー最適化と3Dプリンタを用いたポーラス材料設計に関する研究

トポロジー最適化でポーラス材料の内部構造を設計し、それを積層造形技術で忠実に造形して、最適な性能を持つポーラス材料を実現するという取り組みの詳細と、実例として、金属積層造形を用いた高熱伝道材料・高剛性材料の開発、マルチマテリアル樹脂積層造形を用いた熱収縮材料の開発についての紹介 - 広島大学大学院高額研究院 機械システム・応用力学部門 準教授 竹澤晃弘 [2015.11]

MVD(Model Verification Director)ウェブセミナー

Model Verification Director(MVD)バージョン4の新機能を紹介するウェビナーです。



MVDは、設計 / CAEチームの担当者に代わって、自動でCADモデルの検証を行い、メッシング作業のプロセスを遅らせる潜在的な問題を見つけ出します。検証の結果はPowerPointおよびExcel形式で出力でき、3次元でモデルを確認することが可能です。検証項目と部品点数にもよりますが、90%の工数削減を達成したユーザー様もいらっしゃいます。



バージョン4の新機能は以下のとおりです;
  • 浮き部品チェック

  • 材料名と板厚の比較

  • 新レポートレイアウトの追加

  • 比較機能、リスタート機能などの改善


[AOP]名古屋工業大学 - 押込試験によるアフリカツメガエル胚力学特性計測を目指した有限要素解析

山口和宏(名工大)、小平亜侑(名工大)、田村篤敬(鳥取大)、杉田修啓(名工大)、松本健郎(名工大) - 日本機会学界東海学生界第46回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集(2015.03.12)掲載

[AOP]金沢工業大学 - ソーラーカーにおけるフレーム剛性が操縦安定性に及ぼす影響/Influence of Frame Stiffness on Handling Stability in Solar Vehicle

本研究では、マルチボディダイナミクスと呼ばれる解析手法を用いることでフレーム合成を変化させた車両運動解析を行うことができ、高精度のシミュレーションが実現できるようになり、時間や費用の削減をすることが可能である。 - 金沢工業大学/Kanazawa Institute of Technology 内山翔太、瀬戸雅宏、山部昌 ― 第24回交通・物流部門大会(TRANSLOG2015) [2015.10]

【日本語字幕】世界初3Dプリンティング金属製フレーム自転車 - Renishaw

Renishawは、solidThinking Inspireを使用して、世界初の3Dプリンティングされた金属製フレームの自転車を開発しました。

石油 / ガスコンポーネントエンジニアリングを改善するCray とAltair のソリューション

ライザーシステムの設計と解析を担当するオペレーターやエンジニア達は、CrayR XC30 ?スーパーコンピュータシステム上でAltair のAcuSolve CFD ソルバーを使用することで、コンポーネントの寿命を伸ばし、不確実性を低減し、要求の厳しい開発スケジュールを満たしながら、超深海システムの全体的な安全性を向上させることができます。

3D Systems社(英語事例)

3D Systems社は、開発プロセスにsolidThinking Inspireを取り入れることで、スケートボードのデッキとトラックの理想的な材料レイアウトを生成し、ユニークなスケートボードを開発しました。このスケートボードは、現在クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館に展示されています。

[AOP]金沢大学 - 小型医療機器の変形ストレス評価

医師の負担を減らすことを目的に、脳腫瘍摘出手術を行うための新しい医療器具の開発を目指した。 - 金沢大学 田中克幸、渡辺哲陽、米山猛 [2015.09]

フィアロコーポレーション:「試作レス」のスポーツカー製作

試作やデザインで自動車メーカーの開発をサポートするフィアロコーポレーションは、フィジカルモデルによるテストを実施せず、CAEソフト"HyperWorks"によるシミュレーションを活用することで、ライトウェイトスポーツカー"P75 CIPHER(サイファー)"の製作を実現させた。

【Tips動画】HyperViewの結果演算機能「Derived Result」の活用例

板厚の違いによって生じる結果への違いを分かりやすく表示したいという場合に、この結果演算機能が役立ちます。異なるサブケース間の演算も可能ですし、衝突や落下解析など時刻暦のある結果であれば、異なる時間との差を表示させることも可能です。

【日本語字幕】スイスの鉄道会社 Stadler Rail社

スイスの鉄道メーカーStadler Railは、試作車を作らず、契約後8ヶ月で最終デザインを完成させるため、HyperMesh、HyperView、OptiStructを、モデリング、ポスト処理、構造最適化に用い、開発時間の短縮に成功しました。


Altair HyperWorks × PHIARO "P75 CIPHER"

株式会社フィアロコーポレーション様が創業75周年の節目に、2人乗りスポーツカー“P75 CIPHER”を自社開発しました。HyperWorks のソルバーを活用し、CAE のみの完全バーチャルによって作成した、実走可能なスポーツカーです。すべてのCAE解析をHyperWorks製品群で行っており、どの部分にどのように適用されたのかをご覧いただける動画となっています。

2015 JATC / FEKO ユーザーミーティング

昨年Altair はEMSS 社を買収し、高周波電磁ソルバーFEKO をHyperWorks 製品群に加えました。本ユーザーミーティングでは、FEKO の最新機能や開発計画の紹介に加え、高周波電磁波解析の概要や解析対
象についての解説、FEKO を構成するソフトウェアや事例の紹介などを行いました。

2015 JATC / solidThinking デザインコミュニティ

本コミュニティでは、日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)で理事を務めておられるアルテサーノ・デザイン合同会社 吉田晃永様を基調講演者としてお迎えし、デザイン開発におけるツールの活用術についてご講演いただきました。また、各社様におけるデザイン事例をご発表いただいた他、デザインの本場イタリアより弊社スタッフが来日し、有名ブランドを含む各国のユーザー事例や最新バージョンについてご紹介しました。

2015 JATC / PBS WORKS USER GROUP in Japan

クラウドコンピューティング技術の進歩により、製品エンジニアリング分野においても、より品質の高い製品やソリューションを素早く市場に投入するための手段として、クラウドの利用を検討する機会が急速に拡大しています。
2015 Japan Altairテクノロジーカンファレンスにおいて開催された、国内外の主要ユーザー様の先進事例や米国Altair 本社の開発責任者からの製品ロードマップなど、クラウドの可能性を最大限に活用するためのAltair クラウドソリューションをご紹介するセミナーの講演資料です。

2015JATC_スズキにおける設計者CAEの取り組み

スズキにおける設計者CAEの取り組み スズキ株式会社 砂山様

2015JATC_HyperWorksソルバーによる音響解析機能のご紹介

HyperWorksソルバーによる音響解析機能のご紹介 Altair 中川、工藤

2015JATC_OptiStruct Driving Powertrain Innovation [英語]

OptiStruct Driving Powertrain Innovation / Altair, Arnaud Sohier

2015JATC_OptiStructを用いた木材複合技術の開発と自転車フレームへの応用 [英語]

OptiStructを用いた木材複合技術の開発と自転車フレームへの応用 AERO BICYCLE ジェレフ様

2015JATC_OptiStructによる複写機本体フレームの軽量化

OptiStructによる複写機本体フレームの軽量化 リコー 伊藤様

2015JATC_"P75 CIPHER"の開発におけるHyperWorksの活用

"P75 CIPHER"の開発におけるHyperWorksの活用 フィアロコーポレーション 松本様

2015JATC_航空機構造におけるファスナ結合部のFEMモデル作成自動化

航空機構造におけるファスナ結合部のFEMモデル作成自動化 三菱重工業 岡様

2015JATC_MVD モデリングにかかる時間をさらに削減

『Model Verification Director』モデリングにかかる時間をさらに削減 Altair ラビ デビッド

2015JATC_最新PCクラスタによるAcuSolve性能評価 富士通HPC

最新PCクラスタにおけるAcuSolve性能評価と富士通HPCのご紹介 富士通システムズ・イースト 山浦様

2015JATC_カーエアコン用コンプレッサー開発にMotionSolve活用

カーエアコン用コンプレッサーの開発におけるMotionSolve活用 ヴァレオジャパン 高橋様

2015JATC_船舶設計におけるHyperWorksの活用事例

船舶設計におけるHyperWorksの活用事例 サノヤス造船 黒田様

2015JATC_Boosting HyperWorks Further with Electromagnetic Simulation [英語]

Boosting HyperWorks Further with Electromagnetic Simulation / Altair, Jordi Soler

2015JATC_トランスミッション放射音低減に関する研究 [英語]

トランスミッション放射音低減に関する研究 いすゞ中央研究所 富樫様

2015JATC_OptiStructを用いた三角柱形タンクの接水振動特性とその補強

OptiStructを用いた三角柱形タンクの接水振動特性とその補強法にかんする考察 九州大学大学院 松尾様

2015JATC_Altairクラウドソリューション

Altairクラウドソリューション Altair 堀籠

2015JATC_HyperWorksを活用したスポーツ用具の設計事例

HyperWorksを活用したスポーツ用具の設計事例 ミズノ株式会社 山田様

2015JATC_境界非線形性の考慮によるギヤノイズ予測精度の向上 [英語]

境界非線形性の考慮によるギヤノイズ予測精度の向上 トヨタ自動車 武川様

2015JATC_機構・流体相互相関を考慮した車両操縦安定性解析

機構・流体相互相関を考慮した車両操縦安定性解析 Altair 芝野

2015JATC_OptiStructを用いたエンジン部品の最適設計

OptiStructを用いたエンジン部品の最適設計 三菱自動車工業 新井様

2015JATC_磁気ディスク装置(HDD)機構系CAEへのHyperWorksの導入

磁気ディスク装置(HDD)機構系CAEへのHyperWorksの導入 HGSTジャパン 小林様

ページ: 1   2   3  4   5   6  

RSS icon Subscribe to RSS Feed