リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー











産業分野














112 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Design
  • Durability
  • Electromagnetics
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Model-Based Development
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • View All
JATC2019 OptiStructを用いた射出成形品の最適ゲート位置探索方法 3-09
ポリプラスチックス株式会社
青木 現 様

ガラス繊維強化樹脂の射出成形用金型の設計の際、ゲート位置に関しては、感と経験にて選定し、多数のゲートを組み合わせ、そり変形解析をして最善となる組み合わせと選択しているが、その根拠となる理論、機構は不明である。また、大型製品の場合、ゲート位置の組み合わせが膨大となるため、ゲート設計には多大な工数がかかっている。今回、OptiStructによる位相最適化を応用して最適なゲート位置となる部分を容易に予測する手法を紹介する。

JATC2019 EV向け異音・低級音ソリューション 1-01
Altair
松本 秀一

今後普及が予想される電気自動車の開発においては、内燃機関が無くなることによって顕在化するきしみ・がたつきなどの異音対策がより重要になります。

Squeak and Rattle Director(SnRD)を用いて、設計初期段階で異音が発生するエリアを特定するプロセスを、ユーザー事例を交えてご紹介します。

JATC2019 シミュレーションを拡張する市民データサイエンス
Altair
小口 暁壮

昨今の企業や組織においてデータの民主化が進み、統計学や分析手法に精通したデータサイエンティストでなくとも、データを最大限に活用することが求められています。Altair Knowledge Studioを利用することで、誰もが簡単に高度な診断的分析あるいは予測・処方的分析機能を駆使することが可能になります。HyperWorksによる有限要素シミュレーションにデータ分析の手法を組み合わせることで、従来は得ることが難しかった知見を獲得する事例をご紹介します。

JATC2019 HyperWorks Xハイライト
Altair
井上 正順

• HyperWorksXのベース機能
• HyperWorks CFD
• HyperWorks Design Explore

JATC2019 設計者CAEにAltair SimSolidが最適な3つの理由 1-08
Altair
小林 泰

設計者が開発上流でCAEを使用する”設計者CAE”の有用性については過去多く語られてきましたが、上手く活用されている報告はほとんどありませんでした。Altair SimSolidは新しい技術により、これまで設計者CAEがうまくいかなかった要因を克服できる製品となっています。なぜ最適な製品なのか? その理由を、結果を得るまでの速さ、経済性、結果の確からしさといった観点からご紹介します。

JATC2019 1Dシミュレーションの複合領域(油圧 / 電子回路 / 制御等)における拡張 - モデルベース開発ツールの新機能
Altair
由渕 稔

Altair Activateは、圧倒的な使いやすさを誇る、モデルベース開発のためのブロックダイアグラム環境です。各領域のModelicaライブラリおよび電気回路のためのSPICEライブラリを、数学処理や制御システム構築のための豊富なシグナルベースライブラリと組み合わせてダイアグラムを構築することにより容易に1Dシミュレーションを実行することが可能です。また、FMIに加えて機構や電磁場ツールとのダイレクトインターフェースを備えており、1D-3Dを統合した複合領域のシステムシミュレーションを実行することも可能です。

今回は、最新バージョンで追加された独自の油圧とSPICEのライブラリを用いた事例を中心に最新機能をご紹介します。また、姉妹製品である数値処理計算環境Altair Composeについても最新機能を併せてご紹介します。

JATC2019 メカ設計を革新するAltair MotionSolveの最適化と最新機能
Altair
池田公輔

  • MotionSolveで何ができる?
  • Altairの考えるマルチボディソリューション = 機構解析 最適化
  • マルチボディ最適化 - 最適的な機構を設計しましょう
  • 実稼働荷重を用いた構造最適化設計 - 最適な機構部品を設計しましょう
  • 連成シミュレーション - 全体性能を事前に確認し、試作を減らしましょう
  • Exampleライブラリ


JATC2019 Altair流体ソルバーの特長と適用分野 4-01
Altair
芝野 真次

JATC2019 CFDのためのクラウドソリューション 4-05
Altair
北邑 剛

JATC2019 5G時代の電波解析に対応!高周波電磁界解析ツールAltair Feko / WinProp新機能 5-01
Altair
チャヨノ リドー

近年のワイヤレス技術の発展においては、コネクテッドカーや5Gを含むいくつかの注目すべきトピックがあります。これら 2 つの技術を実現するには、正確な設計が必要です。

設計の迅速化とコスト削減には、シミュレーションが大変有効な手段となります。Altair FekoおよびAltair WinPropは、電波伝搬シナリオと包括的な3次元電磁界解析ソルバーにより、それらのニーズに応えるための優れたシミュレーション技術を提供します。

本講演では、仮想走行試験 と 5G シミュレーションに関する両製品の新たな機能や事例をご紹介をします。

>> Altair Feko
>> Altair WinProp

JATC2019 低周波領域の磁界、電界、伝熱現象の解析 - Altair Flux新機能 5-05
Altair
山倉 鉄矢

JATC2019 電動機設計のための解析ソリューション 5-06
Altair
山倉 鉄矢

近年盛んになっている電動機の開発には、電流と磁界の磁気的な相互作用や、運転状態における回転子構造に発生する応力分布、電気-磁気-機械エネルギー変換の取り扱いなど、様々な領域の物理現象を取り扱う必要があります。

当講演では、電動機設計に関わるAltairのソリューションと、電動機回転子構造の最適化などの役立つ事例をご紹介します。

JATC2019 NVH Directorを活用したフルビークルNVH解析プロセス 5-08
Altair
松本 秀一

フルビークルNVH解析を実施するためには、膨大なサブモデルのアセンブリや現象に応じた結合特性値の一括変更、解析結果の分析など、複雑な作業が必要になります。

本講演ではNVH Director(NVHD)を使用してフルビークルNVH解析を実施するプロセスとユーザー事例をご紹介します。

>> NVH Direct

JATC2019 HyperWorksを基礎とする船体構造設計支援ツール PrimeShip-HULL のこれまでとこれから 6-01
一般財団法人 日本海事協会
船体開発部
梶岡 尚輝 様

本会は、構造評価ソフトPrimeShip-HULLのプラットフォームとしてHyperWorksを採用して以来、CSR-BC&OTをはじめ、コンテナ運搬船や自動車運搬船向けなど多様な構造評価ソフトを開発してきた。

ソフトの開発にあたっては、船殻設計者からの貴重な意見を反映するとともに、アルテア社の最新技術を導入し、構造設計に関する工数削減を目指している。

本公演では、最新の開発成果を紹介するとともに、今後のPrimeShip-HULLの展望について述べる。

JATC2019 Altair Radioss 2019新機能と最新事例(バッテリー衝突時の発火問題、エアーバッグ折り畳み ほか) 7-01
Altair
田井 秀人

Altair Radiossバージョン 2018~2019.1で強化された機能について解説します。

  • 計算速度向上
  • 時間ステップ改善
  • 新材料、破壊則
  • ALE、複数材料
  • 準静解析

その他、Radiossを使ったエアーバッグ折り畳みデータ作成機能や、バッテリの衝撃発火問題への取り組みをご紹介します。

JATC2019 Altairの疲労解析ソリューション(Altair HyperLife ほか) 7-02
Altair
塚本 昌美

Altairには従来から疲労を評価するためのモデル作成、解析ノウハウがあります。今年リリースしたHyperWorks 2019から、疲労解析ツールAltair HyperLifeが新たに加わりました。本講演では、Altairが提供している高精度な疲労解析のノウハウとHyperLifeの特長をご紹介します。

JATC2019 Altair OptiStruct/HyperStudy 2019新機能 7-03
Altair
山本 哲哉

ユーザー限定資料
*Altair Connectへのログインが必要です

JATC2019 Model Verification Director(MVD)の新機能ハイライト
Altair
ラビ デビッド


JATC2019 非接触による神経活動センサーの実装およびその評価方法の検討 5-04

大森 潔
Altair


近年注目されている運転者の意識障害による交通事故発生の問題を受け、運転者のバイタルサインを検出するセンサーへの関心が高まっている。

本講演では運転者の神経活動に伴う頭部の誘電率の変動を非接触でモニタリングするセンサーに着目し、基礎的なシステムの実装およびその評価方法について検討を行う。視覚誘発電位すなわち時間的に変化する画像パターン提示時に誘発される応答を指標として評価を試みる。

JATC2019 HyperWorksと人工知能(AI)を用いた船体構造の新しい骨組強度評価法の開発 6-08

古野 弘志 様
工学部工学科 船舶工学コース | 長崎総合科学大学


一般に、船体は連続的な構造部材で構成されるため、隣接部材の影響を考慮する必要がある。このような問題は、Lagrangeの未定乗数を用いたエネルギー法を適用することによって比較的容易に解くことができるが、多元連立方程式を解く等の煩わしさがある。しかし、ある種の問題では、荷重とスパンを変数とする簡単な関数でLagrangeの未定乗数を決定することができる。ここでは、Lagrangeの未定乗数に端部固着係数を導入し、HyperWorksの解析結果を学習させた人工知能(AI)を用いてより高精度な評価法を開発する。(今回の発表は、研究の中間報告とさせて頂きます。)

JATC2019 SnRDによるインパネ異音解析の車両開発への適用 1-02

桝井 茜 様
技術研究所 | マツダ株式会社


車両のNVH性能向上のためには、車両走行中に発生する内装部品のたたき音や擦れ音といった異音および低吸音の発生予測は重要な技術である。

そこで、インパネの異音発生リスクを評価するために、Squeak and Rattle Director(SnRD)を用いて検討を行い、過渡応答解析にて発生するモデルのドリフト現象の抑制や、挙動の再現性向上検討を通じて、相対変位を指標として異音発生リスクを見える化した。


JATC2019 HyperWorksソルバープラットフォームAltair SimLabのご紹介 2-01
Altair
依宋 海希

機構解析によるブロック吊り強度解析 6-07
Altair
荒井 太一

弾性体を考慮した機構解析によるブロック吊り強度解析
•ブロック吊り検討における従来手法とその課題
•機構解析によるブロック吊り強度解析の開発
•適用事例

JATC2019 【パネルディスカッション】AIと機械学習とCAE
近畿大学 和田 義孝 様 | マツダ株式会社 川口 克也 様 | オムロン株式会社 岡田 浩 様 | 産業技術総合研究所 人工知能研究センター 木佐森 慶一 様 | Altair Dr. Shidan C Murphy

Multiscale Designer がもたらす、 誰でもマルチスケール解析ができる世界
一般にマルチスケール解析を行うには、高度な計算アルゴリズムの理解が必要ですが、Multiscale Designerは、複合材パターンとひずみ応力特性を入力するだけで平均化された物理特性を得ることができます。Multiscale Designerで取得した材料特性のパラメータを使うことで、さまざまな解析・最適化を精度良く行うことができます。

*伊藤忠テクノソリューションズ様主催の「CAE POWER 2017 名古屋(2017年7月11日)」にて講演

Inspire 紹介ウェビナー - solidThinking 2016
Inspireは構造設計者向けのコンセプト設計ソフトウェアです。形状作成と編集、荷重条件、結果の確認等の新機能についてデモを交えながら紹介しています。
*2016年3月15日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016」の録画です。

Evolve 紹介ウェビナー - solidThinking 2016
Evolve 2016では、ポリゴンとNURBSの両方の機能を有するPolyNURBSが強化され、簡単な操作で複雑な形状をサーフェス化することができるようになりました。
*2016年3月18日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016」の録画です。

AcuSolve最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0
AcuSolve 14.0では、チュートリアルマニュアルが格段に充実し、問題設定の背景を含め、AcuSolveの機能をより楽に学習できる環境が整いました。
*2016年3月9日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016 AcuSolve編」で使用した資料およびその録画です。

MVD最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0
Model Verification Director(MVD)バージョン5の新機能を紹介するウェビナー

2015 JATC / FEKO ユーザーミーティング
昨年Altair はEMSS 社を買収し、高周波電磁ソルバーFEKO をHyperWorks 製品群に加えました。本ユーザーミーティングでは、FEKO の最新機能や開発計画の紹介に加え、高周波電磁波解析の概要や解析対
象についての解説、FEKO を構成するソフトウェアや事例の紹介などを行いました。

2015 JATC / solidThinking デザインコミュニティ
本コミュニティでは、日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)で理事を務めておられるアルテサーノ・デザイン合同会社 吉田晃永様を基調講演者としてお迎えし、デザイン開発におけるツールの活用術についてご講演いただきました。また、各社様におけるデザイン事例をご発表いただいた他、デザインの本場イタリアより弊社スタッフが来日し、有名ブランドを含む各国のユーザー事例や最新バージョンについてご紹介しました。

2015 JATC / PBS WORKS USER GROUP in Japan
クラウドコンピューティング技術の進歩により、製品エンジニアリング分野においても、より品質の高い製品やソリューションを素早く市場に投入するための手段として、クラウドの利用を検討する機会が急速に拡大しています。
2015 Japan Altairテクノロジーカンファレンスにおいて開催された、国内外の主要ユーザー様の先進事例や米国Altair 本社の開発責任者からの製品ロードマップなど、クラウドの可能性を最大限に活用するためのAltair クラウドソリューションをご紹介するセミナーの講演資料です。

2015JATC_Altair's Approach to Model-Based Development [英語]
Altair's Approach to Model-Based Development / Altair, Michael Hoffmann

2015JATC_HyperWorksを用いた衝突解析レポートの高速自動作成
HyperWorksを用いた衝突解析レポートの高速自動作成 本田技術研究所 菊池徹様

2015JATC_磁気ディスク装置(HDD)機構系CAEへのHyperWorksの導入
磁気ディスク装置(HDD)機構系CAEへのHyperWorksの導入 HGSTジャパン 小林様

2015JATC_スズキにおける設計者CAEの取り組み
スズキにおける設計者CAEの取り組み スズキ株式会社 砂山様

2015JATC_HyperWorksソルバーによる音響解析機能のご紹介
HyperWorksソルバーによる音響解析機能のご紹介 Altair 中川、工藤

2015JATC_OptiStructによる複写機本体フレームの軽量化
OptiStructによる複写機本体フレームの軽量化 リコー 伊藤様

2015JATC_"P75 CIPHER"の開発におけるHyperWorksの活用
"P75 CIPHER"の開発におけるHyperWorksの活用 フィアロコーポレーション 松本様

2015JATC_航空機構造におけるファスナ結合部のFEMモデル作成自動化
航空機構造におけるファスナ結合部のFEMモデル作成自動化 三菱重工業 岡様

2015JATC_MVD モデリングにかかる時間をさらに削減
『Model Verification Director』モデリングにかかる時間をさらに削減 Altair ラビ デビッド

2015JATC_最新PCクラスタによるAcuSolve性能評価 富士通HPC
最新PCクラスタにおけるAcuSolve性能評価と富士通HPCのご紹介 富士通システムズ・イースト 山浦様

2015JATC_カーエアコン用コンプレッサー開発にMotionSolve活用
カーエアコン用コンプレッサーの開発におけるMotionSolve活用 ヴァレオジャパン 高橋様

2015JATC_船舶設計におけるHyperWorksの活用事例
船舶設計におけるHyperWorksの活用事例 サノヤス造船 黒田様

2015JATC_Boosting HyperWorks Further with Electromagnetic Simulation [英語]
Boosting HyperWorks Further with Electromagnetic Simulation / Altair, Jordi Soler

2015JATC_トランスミッション放射音低減に関する研究 [英語]
トランスミッション放射音低減に関する研究 いすゞ中央研究所 富樫様

2015JATC_OptiStructを用いた三角柱形タンクの接水振動特性とその補強
OptiStructを用いた三角柱形タンクの接水振動特性とその補強法にかんする考察 九州大学大学院 松尾様

2015JATC_Altairクラウドソリューション
Altairクラウドソリューション Altair 堀籠

2015JATC_HyperWorksを活用したスポーツ用具の設計事例
HyperWorksを活用したスポーツ用具の設計事例 ミズノ株式会社 山田様

2015JATC_境界非線形性の考慮によるギヤノイズ予測精度の向上 [英語]
境界非線形性の考慮によるギヤノイズ予測精度の向上 トヨタ自動車 武川様

2015JATC_機構・流体相互相関を考慮した車両操縦安定性解析
機構・流体相互相関を考慮した車両操縦安定性解析 Altair 芝野

2015JATC_OptiStructを用いたエンジン部品の最適設計
OptiStructを用いたエンジン部品の最適設計 三菱自動車工業 新井様

2015JATC_OptiStruct Driving Powertrain Innovation [英語]
OptiStruct Driving Powertrain Innovation / Altair, Arnaud Sohier

2015JATC_OptiStructを用いた木材複合技術の開発と自転車フレームへの応用 [英語]
OptiStructを用いた木材複合技術の開発と自転車フレームへの応用 AERO BICYCLE ジェレフ様

2014 Altairテクノロジーカンファレンス-Day1 講演資料
HyperWorksテクニカルセミナーの講演資料

2014 Altairテクノロジーカンファレンス-Day2 講演資料
Day2 ユーザーカンファレンスの講演資料一覧

2014JATC_HyperStudyを用いた大規模自動最適化事例
HyperStudyを用いた大規模自動最適化事例(PCクラスタとWindows端末の連携システムによる高速化) SCSK株式会社 五味学様

2014JATC_シミュレーションライフサイクル管理のためのAltair Cloud Suite
シミュレーションライフサイクル管理のためのAltair Cloud Suite / Altair 掘籠

2014JATC _高い2次元性を有するスマートシートに関する研究
高い2次元性を有するスマートシートに関する研究 株式会社UACJ 橋本一真様、高橋昌也様

2014JATC_Road to Genova 2015
Road to the Genova 2015 株式会社フィアロコーポレーション 松本貞行様、野末健太郎様

2014JATC_CADデータの不具合の自動抽出・形状比較・自動レポート作成
CADデータの不具合の自動抽出・形状比較・自動レポート作成 Altair デビッドラビ

2014JATC_CAEとビッグデータアナリティクスを融合した新たな手法によるフレーム変形モード最適化事例の紹介
CAEとビッグデータアナリティクスを融合した新たな手法によるフレーム変形モード最適化事例の紹介 Altair 阿部

2014JATC_MotionSolveを用いた車両設計技術の開発
MotionSolveを用いた車両設計技術の開発 トヨタ自動車株式会社 若菜明様

2014JATC_System Modeling and Simulation at Altair [英語]
System Modeling and Simulation at Altair / Altair, Michael Hoffmann

2014JATC_MotionSolveを用いたソーラーカーのサスペンション最適設計
MotionSolveを用いたソーラーカーのサスペンション最適設計 金沢工業大学 山部様、内山様

2014JATC_SimLabによる高精度かつ高速なIFEM用音響解析モデルの作成
SimLabによる高精度かつ高速なIFEM用音響解析モデルの作成 トヨタ自動車株式会社 武川様

2014JATC_エアサスペンション用コンプレッサの車室内騒音予測手法の紹介
エアサスペンション用コンプレッサの車室内騒音予測手法の紹介 日立オートモティブシステムズ株式会社 原田様

2014JATC_概念設計ツール solidThinking Inspire
概念設計ツール solidThinking Inspire / コンセプトを創造する 設計エンジニアのための概念設計ソフトウェア / Altair ベッロージピエトロ

2014JATC_家電製品における衝撃解析活用による部品嵌合設計の試作レス最適化
家電製品における衝撃解析活用による部品嵌合設計の試作レス最適化 パナソニックエコシステムズ株式会社 小方弘成様

2014JATC_食品業y会事例におけるCFD解析事例のご紹介
食品業界事例におけるCFD解析事例のご紹介 Altair 増渕

2014JATC_CAEを用いた道具製品設計事例
CAEを用いた道具製品設計事例 花王株式会社 樋口拓郎様

2014JATC_業務用厨房熱流体解析事例のご紹介
業務用厨房熱流体解析事例のご紹介 Altair 芝野

2014JATC_CFDによる摩擦攪拌接合の塑性流動と熱分布の試み
CFDによる摩擦攪拌接合の塑性流動と熱分布の試み 大阪大学 雷哲様

2014JATC_電子機器熱流体解析事例のご紹介
電子機器熱流体解析事例のご紹介 Altair 木原

2014JTC_熱交換機における熱応力解析プロセスの構築
熱交換機における熱応力解析プロセスの構築(Acusolve, HyperMeshによる連成解析) 住友精密機械工業株式会社 田谷亮様

2014JATC_造船業におけるCAE活用の拡大とその課題
造船業におけるCAE活用の拡大とその課題 長崎総合科学大学 松岡和彦様

2014JATC_船舶用3DシステムとHyperWorksの連携
船舶用システムとHyperWorksの連携 サノヤス造船株式会社 村上貴志様

2014JATC_プレス成型CAEに向けて
プレス成型CAEに向けて - HyperFormとNXTの連携 - エムアンドエムリサーチ 植村元様

2014JATC_HyperWorks 13.0 プリ・ポスト新機能紹介
HyperWorks 13.0 プリ・ポスト新機能紹介 
Altair 国井、井本

2014JATC_AcuSolve 13.0 新機能紹介
AcuSolve 13.0 新機能紹介 Altair 芝野

2014JATC_OptiStruct 13.0 新機能紹介
OptiStruct 13.0 新機能紹介 Altair 中川、山本

2014JATC_HyperStudy 13.0 新機能紹介
HyperStudy 13.0 新機能紹介 Altair 山本

2014JATC_RADIOSS 13.0 新機能紹介
RADIOSS 13.0 新機能紹介 Altair 依知川

2014JATC_プレス成型解析最新機能
プレス成型解析最新機能 Altair 廣田

2014JATC_New Solution for Hot Stamping Process Simulation [英語]
New Solution for Hot Stamping Process Simulation / Altair, Subir Roy

2014JATC_HyperFormとNXTの連携事例とその効果
HyperFormとNXTの連携事例とその効果 SCSK株式会社 前田敦様

2014JATC_Moldex3DとHyperWorksの連携事例
Moldex3DとHyperWorksの連携事例 株式会社セイロジャパン 杉尾太陽様

2014JATC_HyperXtrudeのご紹介
HyperXtrudeのご紹介 Altair 廣田

2014JATC_SimLab パワートレイン向け新機能紹介
SimLab パワートレイン向け新機能紹介 Altair 島田

2014JATC_Maple/MapleSim ご紹介
設計フロントローディングによる設計・開発期間短縮のために ~Maple/MapleSim ご紹介~ サイバネットシステム株式会社 栗山淳子様

2014JATC_振動騒音低減を目的としたトポロジー最適化
パワートレインテクニカルセミナー アセンブリ構造の振動解析と最適化 ~振動騒音低減を目的としたトポロジー最適化~ Altair 脇坂

2014JATC_アセンブリモデルにおける熱構造連成解析
アセンブリモデルにおける決構造連成解析 Altair 依宋

ページ: 1  2  

RSS icon Subscribe to RSS Feed

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています