リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー











産業分野














170 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Data Analytics
  • Design
  • Durability
  • EDA
  • Electromagnetics
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Model-Based Development
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Structures
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • View All
Altair University ビデオ講座 | 有限要素解析とは - 第1回
Altairが公開している無料eブック「有限要素シミュレーションの実践」の内容を、できるだけ数式を使わずに解説します。有限要素法やFEM解析をこれから勉強する方はもちろん、すでにシミュレーションに携わっている方も是非ご視聴ください。

Altair Radioss 2020 新機能
輸送機器向けの機能、電気製品の準静的解析と落下解析向けの機能、製造・加工向け機能など。


e-Motorデザインウェビナー
昨今の電動化の流れに伴い、電動機の開発に対する要求は日々高度になっています。中でも重量削減とコスト削減は重要な要求事項の一つです。本ウェビナーでは、これらの要求に対応するAltair FluxMotorのソリューションをご紹介します。

セミナーの内容

- 電動機の課題
- 複合領域最適化の必要性
- マグネット使用量削減事例
- 動作状況を通しての効率最適化
- 形状最適化事例

Altair SAOご紹介ウェブセミナー
Altair SAO(Software Asset Optimization)はソフトウェア資産を把握し、使用状況を視覚化、分析できるソリューションです。追加機能のAltair SAO Predictを使えば、予測も可能です。



設計者向け疲労解析ツールHyperLife
"HyperLifeはOptiStructを含む主要ソルバーの解析結果を利用し、容易な操作で金属の疲労強度を評価できるツールです。静解析、動解析での設定操作デモを交えながら、HyperLifeの豊富な機能をご紹介します。"


最適化やパラスタによって製品パフォーマンスを向上させるHyperStudy
Altair HyperStudyは、任意の解析ソルバーに対する最適化、実験計画法、確率統計解析によるロバスト設計の3つのスタディを行うことができるツールです。HyperStudy を活用することにより、競争の厳しい製造業において短期間で製品の性能を向上させることが可能です。"


収束しない強非線形静的問題を陽解法で解くRadioss
Radiossは衝突解析など高度な非線形動的問題を扱うために開発された、先進的な構造解析ソルバーです
本動画ではRadiossの概要、非線形性の強い静的な問題を陽解法を使って解くテクニックをご紹介します。


SimLab+Radiossで始める落下解析
SimLabを使用して最小限の工数でメッシュ作成及び解析設定を行い、ロバストかつ並列スケーラビリティの高いRadiossで解析を実施することで、初心者でも簡単に落下解析を実施できます。本動画では、SimLab+Radiossによる落下解析の概要について、操作デモを交えながらご紹介します。


様々な振動音響問題を解析・対策するHyperWorksのNVHソリューション
HyperWorksには振動音響解析を実施するための様々なツールが含まれています。実世界で起こっているNVH現象を解析・対策することで、NVH性能に優れた製品を開発するためのソリューションをご紹介します。

様々な複合材料特性を解くMultiScale Designer
Multiscale DesignerはCFRP、繊維補強コンクリートなど、複数の材料を組み合わせた複合材料の材料特性(ヤング率、熱伝導率など)を算出するツールです。本ツールの概要、繊維配向を用いた解析テクニック、ユーザーの皆さまから頂いた面白いテクニックなどをご紹介します。

高度な非線形問題を解くOptiStruct
OptiStructは、静的解析から、動的解析、振動解析、音響解析、疲労解析、そしてマルチフィジックス解析まで、線形・非線形解析のための包括的で高精度なスケーラビリティに優れたソリューションからなる、実績ある最新の構造解析ソルバーです。

きしみ・がたつき音を予測・対策するSqueak and Rattle Director
Squeak and Rattle Director(SnRD)は、各種ソフトウェアオートメーションを統合した新しいタイプのソリューションです。アセンブリ内で生じる異音・低級音(S&R)の根本原因を排除するための設計案を、迅速に割り出し、解析できます。

エンジニアリングにおける機械学習
GoogleやAmazon、Facebookなどの世界有数の大企業は皆、データを収集し高度に分析する技術で市場に変革をもたらす、データ駆動型の組織です。データは「新たな石油」と呼ばれ、市場で優位に立つための原動力です。
ところが、エンジニアリング分野において、機械学習技術の活用の動きはあまり素早くありません。今後5年間で一番成長が見込まれている技術は、機械の故障を予測する予知保全です。機械学習を応用させることで、保守コストや稼働停止時間が減少するメリットがあります。
動画では、数値的手法の活用を始めたギネス社のイノベーションの紹介にはじまり、人工知能(AI)と機械学習(ML)の違い、エンジニアリング分野における機械学習モデルの作り方などを解説しています。
エンジニアリング分野における顧客事例として、実験データとシミュレーションデータを組み合わせて学習させ、数値流体力学の代わりに液体の流れを予測する事例、ロボットアームの予知保全プログラムの事例も動画の最後に紹介しています。
ご興味をお持ちの方はアルテアエンジニアリングまでお問い合わせください。





GPUマシンによる超高速流体計算(格子ボルツマン法)
Altair ultraFluidXの場合、大規模流体計算もGPUマシンで超高速に解析可能です。例えば、建築風洞シミュレーションも、1ケース2日かからずに計算できます。

MONOistの土橋氏がAltair SimSolid実力を評価
MONOistで「3D設計推進者の眼」を連載中の土橋様にAltair SimSolidの実力を評価いただきました。
*本記事は2019年2月4日、MONOistに掲載されました。

Gulplug社がAltairのスタートアッププログラムで充電業界のイノベーションに成功
シュナイダーエレクトリック社(仏)からスピンオフしたGulplug社が、Altairのスタートアッププログラムを利用して電気自動車の自動接続充電システムの開発に成功。

SimSolidの紹介(日本語字幕)
シミュレーション革命をもたらす、メッシュレス高速解析ツール Altair SimSolidを紹介します。

無償版モデルベース開発ツールの利用方法
Simulinkのようなブロック線図とModelicaの物理コンポーネントが使用可能な1DシミュレーションツールAltair Activate2019と、MATLAB互換の言語Open Matrix Language(OML)が使用可能なAltair Compose2019からBasic版、Professional版がリリースされ、Basic版は無償でご利用いただけるようになりました。

2018 Global ATCの参加者が語るインタビュー
知識や情報、アイデアやストーリーの交換から生まれるエネルギーや情熱について、2018 Global ATCの参加者が語るインタビューの様子

2019 Global Altairテクノロジーカンファレンス


HyperMesh操作 #39 MatrixブラウザとExcelですべてのコンポーネント名に接頭語を追加
HyperMeshのMatrixブラウザとExcelですべてのコンポーネント名に接頭語を追加する方法をご紹介します。

HyperMesh操作 #38 HyperBeamで中実断面の作成
Solid Sectionを使って中実断面を作成したり変更したりする方法をご紹介します。

ミシガン大学のソーラーカーNovumの開発
ワールド ソーラー チャレンジに出場するミシガン大学ソーラーカーチームは、Altairのシミュレーションソフトウェアを使って記録破りの車両を作り上げました。
Altairのアカデミックプログラム

ATCx2018 モータの異常・故障を想定したシステムシミュレーション - サンプルモデルの使いかた
ATCx 制御と1D/3Dシステムシミュレーション | 2018年6月22日
講演「ATCx2018 モータの異常・故障を想定したシステムシミュレーション」のサンプルモデルの使いかた解説動画

熱流体・電磁場解析技術部 テクニカルマネージャ - EM
山倉 鉄矢

軽量な新規アルミニウム製ガラス支持構造の開発 - Faraone
欄干などの建築用部材の設計は、デザイン性だけでなく、様々な安全基準を満たす必要があります。さらに、可能な限り短時間で開発する必要もあります。こうした課題を解決するため、Faraoneのエンジニア、建築家、デザイナーは、常に設計と検証のサイクルを短縮できるソリューションを探していました。

サスペンションアームのトポロジー最適化
機構解析とトポロジー最適化を組み合わせたサスペンションアームの形状検討を、Altair Composeを使って自動化しました。

[How to ESAComp #03]FEMで破壊判定が出てしまったら
[使ってみると悪くないESAComp使い方集 #03]
FEM(ESAComp内でも OptiStructでも)で、破壊判定が出てしまったときの対処法アイデアの一つです。
>>>>>>>>シリーズ一覧:https://altairhyperworks.jp/ResourceLibrary.aspx?category=Multimedia&altair_products=ESAComp

  •  
C123を活用して 電気自動車の構造設計を迅速に探索する
電気自動車のNEVS(National Electric Vehicle Sweden)が、C123を元に開発プロセスを改革したことで、NVH、安全性、耐久性といった構造性能を向上しながら、開発時間の短縮に成功。

電気自動車内部の騒音を軽減する
内燃エンジンを積んでいないため、電気自動車で重要となる騒音振動問題をSqueak and Rattle Directorで解決した、NEVS(National Electric Vehicle Sweden)の事例

FluxMotor - モータの初期設計
電気モーターの基本機能設計ソフトウェアFluxMotorで初期設計を行い、電磁界/熱シミュレーションソフトウェアFluxへ出力して詳細設計が可能です。

自然を近代建築構造へ取り入れる - サグラダファミリア
サグラダファミリアの建築家が、自然の外観と挙動がどのようにサグラダファミリア建築に取り入れられているのかを、ソフトウェアを用いて考察します。

[How to ESAComp #02]HyperMeshで危険率表示
[使ってみると悪くないESAComp使い方集 #02]ESACompで評価した危険率をHyperMeshのモデルにコンター表示する--------[使ってみると悪くないESAComp使い方集]ESACompはたったの6HWUで使用可能な複合材設計ソフトウェアです。他製品に比べて影の薄いESACompですが、OptiStructと併用するなど、使い方を知れば便利で使えるツールです。ここではそんなESACompに光を当てて、面白い使い方を紹介していきます。

HyperMesh基本操作#37 梁要素の任意中空断面を作成する方法
HyperMeshの「HyperBeam」を使って、梁要素の任意中空断面を作成する方法を解説します。

HyperMesh操作 #36 シェルメッシュ閉空間かの確認
こちらの動画では、HyperMeshの「Check 2D mesh」機能を使って、テトラメッシングしやすいシェルメッシュ閉空間か確認する方法を解説します。

システムシミュレーションを用いたモデルベース開発
【制御、電気モーターを考慮した立ち乗り電動二輪車の走行シミュレーション】 モーターを使った製品全体としての電力効率最適化の手法として、システムシミュレーションがあります。


[How to ESAComp #01]厚み方向で解析結果を確認する
[使ってみると悪くないESAComp使い方集 #01]OptiStructの結果をESACompに読み込めば厚み方向で解析結果を確認できる。   ESACompはたったの6HWUで使用可能な複合材設計ソフトウェアです。他製品に比べて影の薄いESACompですが、OptiStructと併用するなど、使い方を知れば便利で使えるツールです。ここではそんなESACompに光を当てて、面白い使い方を紹介していきます。

  •  
HyperView基本操作動画 #06 任意座標とメッシュ節点の距離
HyperViewの「Add Object」を使って、任意座標とメッシュ節点の距離を計測する方法をご紹介します。

低周波電磁界解析ソフトウェア - Flux
AltairのFluxは、低周波電磁界問題を解くのに適した解析ソフトウェアです。電磁場および熱場の複雑な現象を捉え、将来の製品の挙動を高い精度で予測することができます。


高周波電磁界解析ソリューション- FEKO
AltairのFEKOは、高周波界磁場問題を解くのに最適な解析ソリューションです。自動車産業をはじめ、航空宇宙、エレクトロニクス、医療など様々な分野で使われています。

FEKOの製品概要はこちら▼
http://www.altairhyperworks.jp/product/FEKO

【シェルエコマラソン】ネルソンマンデラ大学 - エコカーの軽量設計
シェルエコマラソンのガソリン部門で優勝歴のあるネルソンマンデラ大学のエコカーチームNMMU Eco Carは、Altairのソフトウェアを使って車両の軽量化に成功しました。

【シェルエコマラソン】ネルソンマンデラ大学の新しい学習アプローチ
学生を最先端の技術に触れさせるため、エンジニアリング学習をオンラインに移行し、学生、教育機関、産業界に提供するという新たなアプローチを紹介します。

自動車メカトロニクス機器製造のBitron社-Fluxを用いた電子アクチュエーター開発
自動車メカトロニクス機器製造のBitron社の、Fluxを用いた電子アクチュエーター開発 *日本語字幕

FluxMotorのご紹介(日本語字幕)
FluxMotorは 電気モーターの基本設計に特化したソフトウェアです。初めてお使いになる方向けの説明動画です。

機構システム検証ツール - Inspireモーション
Inspireモーションはパワフルかつ直感的な操作の、可動部位における機構システム検証ツールです。Altairの強力なMotionSolveエンジンを搭載し、構造解析やトポロジー最適化と同じくInspireで使えます。

鋳造欠陥を回避する! Click2Castの設計活用事例ウェビナー
Click2Castの最大の特長は、「シンプルな5ステップによる鋳造シミュレーション」で、ポロシティなどの鋳造欠陥の予測を容易に、かつ高精度に行うことができます。本ウェビナーでは、ユーザー解析事例など、実際に役立つ情報をご紹介いたします。(2017年3月)

モーション×最適化で構造をスリムに ウェビナー
Inspireは初期設計を行うために必要な3D ダイレクトモデリングに加え、材料の削減や軽量化に有効なトポロジー最適化機能、基礎的構造シミュレーション機能を搭載した設計エンジニアのためのソフトウェアです。
複雑な動きする機構部品の軽量化ができるInspireモーション機能をご紹介いたします。なお、板金部品の設計者向けの板厚最適化や、その他の新機能もご紹介いたします。
Inspire 2017.1

制御系とプラントを一括モデリング - 新時代の1Dシミュレーション - Activate/Compose 2017
制御システムとプラント(物理コンポーネント)モデルを同時に、かつ、メカ / 電機 / 熱等を組み合わせた複合領域の1Dシミュレーションが可能なActivateの新機能をご紹介します。また、Composeについては、新機能の紹介に加えて、従来はExcel等で数日を要していたCAE結果のプロット作成を数分で可能にした、3DCAEとの強力な連携による"スマート"ポスト処理機能も併せてご紹介します。(2017年3月実施)

STLからパラメトリックデザインへ - 意匠設計の革新ツール ウェビナー
Evolve 2017の新機能紹介を含めたヒント&ティップスをご紹介します。シミュレーション結果をデザインに反映させる数々のツールや、モデルに合わせてリアルを実現するためのレンダリングの設定など、3次元デザインを身近にするEvolveのテクニックをお持ち帰りください。(2017年3月実施)

HyperView基本操作動画 #05 中間節点の結果値
HyperView 14.130で可能になった、中間節点の結果値の取得方法をご紹介します。


HyperView基本操作動画 #04 ページカウンター
HyperView 14.130で新しくなったページカウンター機能をご紹介します。(2017年公開)

HyperView基本操作動画 #03 新しい注釈
HyperView 14.130で新たに注釈の形を変更できるようになりましたので、ご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #03 ポリゴンモデリング
PolyNURBSを使えば、ポリゴンとNURBSを行き来することができます。 (2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #04 デジタルモデリング
3Dモデリング・レンダリングソフトEvolveのデジタルモデリングをご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #05 アセンブリデータの展開
アセンブリデータ(CATIA、Creo/ProE、NX、SolidWorks、Inventorなど)の展開をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #06 ポリゴンデザインの花びん
Evolveを使って、ポリゴンデザインで花びんを設計してみました。(2017年公開)


ヒント&チップス Evolve #07 レンダリングの設定と実行
[Inspireでデータ作成>Evolveでレンダリング]の際の設定や手順です。ライティングなどの複雑な設定不要です。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #08 ラベルの貼り付け
3Dモデリング・レンダリングソフトEvolveで、容器などにラベルを貼り付ける方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #09 ポイントクラウドからサーフェス
Evolveで、3Dスキャンした点群データなどを3次元モデルにする方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #10 バネ形状の作成1
Evolveで、バネ形状をシミュレーションするためのモデル作成方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #11 バネ形状の作成2
バネ形状をシミュレーションするためのモデル作成方法2回目は、渦巻き状のバネに挑戦します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #12 サーフェスの追加1
Evolveで、欠けてしまったモデルの曲面を、連続性を保ったまま補完する方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #13 サーフェスの追加2
Evolveで、離れたサーフェス同士を、滑らかなサーフェスを追加してつなぐ方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #14 可変フィレットの作成
異なる半径間を滑らかにつなぐようにフィレットを変更できるようにする、可変フィレットの作成方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #15 交差するサーフェスの処理1
交差するサーフェスを処理する方法をご紹介。不要なサーフェスを選択除去して簡単にソリッド化することができます。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #16 交差するサーフェスの処理2
交差するサーフェスの処理として、サーフェスとソリッドを上手に使い分ける方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #02 履歴機能
Evolveの履歴機能。モデリング・レンダリングソフトEvolveには、どこまでも戻れる履歴機能があります。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #01 高性能デザイン
曲面サーフェスに強いモデリングソフトなので、レンダリングもデフォルト設定のままにフォトリアルを実現できます。(2017年公開)

ヒント&チップス Evolve #17 ハイブリッドモデラー
サーフェス、ソリッド、ポリゴンという3つの異なるモデリングに対応するハイブリッドモデラーEvolveの真髄をお見せします。(2017年公開)

HyperGraph基本操作動画 - 複数カーブの平均
HyperGraphで簡単に複数カーブを平均する方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #35 ブラウザの更新
HyperMesh 14.130でブラウザを更新する方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #34 2つのボリュームを結合
HyperMeshの基本的な操作のうちでも、2つのボリュームを結合する方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #33 ブラウザからカーブ作成
HyperMeshでブラウザからカーブを作成する方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #32 F2キーの活用
HyperMesh 14.130でのF2キーの活用方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #31 起動エラー
HyperMeshで起動エラーが起こった場合の対処方法です。(2017年公開)

HyperMesh基本操作動画 #30 簡単なCylinder形状作成
HyperMeshで簡単にCylinder形状(円柱)を作成する方法です。(2017年公開)

ラティス構造を有する金属部品の3Dプリンティング
軽量なハイブリッドラティス構造を検討するAltairのトポロジー最適化技術、最適形状コンセプトを積層造形データに変換するMaterialise社の技術、Renishawの3Dプリント技術を結集したことで実現した建造物用スパイダーブラケットの開発秘話。

構造部材を3D積層造形で製造するメリット*日本語字幕
世界的なエンジニアリング企業Arup社のシニアデザイナーが語る、「ビルやインフラなどあらゆる建築物の構造部材を3D積層造形で 製造することのメリット」とは?*日本語字幕

3D積層造形する人工衛星の遠隔操作用アンテナ支柱の形状最適化【日本語字幕】
世界No.1の独立系の宇宙関連部品サプライヤーRUAG Space社が、3D積層造形する地球観測衛星SENTINEL 1B用部品の設計にHyperWorksを使う理由とは?

建築分野を得意とするArup社が語る「構造部材を3D積層造形で製造するメリット」 (日本語字幕)
世界的なエンジニアリング企業Arup社のシニアデザイナーが語る、「ビルやインフラなどあらゆる建築物の構造部材を3D積層造形で 製造することのメリット」とは?

HyperViewの初期設定 *音声解説付き
HyperViewの初期設定の変更方法をご紹介します。例えば、毎回フォントサイズを変更している方必見です。 

HyperGraphでのデータの読み込み *音声解説付
1つのカーブの中で演算をする場合にuとvを使いこなしていますか?オプションやフィルターをうまく使って、HyperGraphのスキルアップをしましょう。

ヘルプの日本語化 *音声解説付
HyperWorksのヘルプを日本語にする方法をご紹介します。HyperWorksには英語のヘルプしかない、、、と思っているユーザーさんも多いですが、実は日本語ヘルプもちゃんとあります。

  •  
3D積層造形する人工衛星部品(日本語)
世界No.1の独立系の宇宙関連部品サプライヤーRUAG Space社が、3D積層造形する地球観測衛星SENTINEL 1B用部品の設計にHyperWorksを使う理由

【日本語字幕】3Dプリンティングによる航空機のエンジンパイロンのコンセプト生成 - Sogeclair Aerospace
Sogeclair Aerospace社は、プリポストにHyperMeshとHyperViewを、トポロジー最適化にOptiStructを使って、3Dプリンティング製航空機エンジンパイロンの20%の軽量化と、90%以上の部品の削減に成功しました。

  •  
HyperMeshのフィールド機能
流体解析の結果を別の計算に圧力としてマッピングしたい場合や、ソリッド要素にかかっている圧力をシェル要素に置き換えたい場合、CSVで持っている座標値や条件の値などから別のメッシュパターンに条件を定義したい場合などに役立ちます。

世界最軽量の自転車開発 - Rolo Bikes社
自転車雑誌Cyclist Magazineで、「史上最高クラスの自転車かもしれない」と評されたRolo Bikes社の軽量自転車開発へのAltairの貢献

SimLabの紹介(日本語字幕)
SimLabは、モデリングタスクを自動化して人為的エラーを削減するので、手動での有限要素モデル作成と結果処理に要していた時間を、別のもっと有益なことに使えるようになります。自動化が気になる方は、動画をチェック。 

SimLab基本操作シリーズ #27 溶接ビードの作成
溶接ビードの作成方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #26 ボルトホールの移動
【サーフェスメッシュボディの形状修正】ボルトホールの移動方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #25 ヘキサレイヤーの変更
ヘキサ要素のレイヤー数の変更方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #24 レイヤーの変更
円筒面や座面のレイヤー数を変更する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #23 ボルト締結1D
RBEボルトの作成方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #22 ボルト穴の作成
【サーフェスメッシュボディの形状修正】平面上に新たにボルト穴を作成する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #21 ロゴ削除
【サーフェスメッシュボディの形状修正】モデル内のロゴや部品名などを削除する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #20 面取りの削除
【サーフェスメッシュボディの形状修正】面取りの削除方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #19 体積計測
体積の算出方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #18 節点投影_平面
節点の平面への投影方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #16 節点投影_円筒
節点の円筒面への投影方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #15 リブの厚さ変更
【サーフェスメッシュボディの形状修正】リブの厚さを変更する方法をご紹介します。(2016年公開)

SimLab基本操作シリーズ #14 リブの移動
【サーフェスメッシュボディの形状修正】リブを移動する方法をご紹介します。(2016年公開)

ページ: 1  2  

RSS icon Subscribe to RSS Feed

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています