リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー











産業分野














53 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Data Analytics
  • Design
  • Durability
  • EDA
  • Electromagnetics
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Model-Based Development
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Structures
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • View All
電子機器設計に必須 ノイズ対策セミナー
電化製品の設計において、すべてのパーツを組み上げてから問題が発覚し、手戻りが発生してしまうと、納期やコストに大きく影響します。そのため、予めEMI評価、EMS評価を行っておくことが大変重要です。

本ウェビナーでは、ハーネスやコネクター、筐体の形状を考慮したEMI解析、ハーネスや基板の配置を考慮したEMS解析、これらの解析結果を設計に活用するためのEMCエンジニアと量産設計者の協調設計ソリューション、の3つをテーマにご紹介します。

Altair HyperWorks/HyperView/HyperGraph 2020 新機能(前半)
CAEモデリングおよびビジュアライゼーションのためのインターフェースが刷新され、生産性が向上し、さらに習得が容易に。

Altair HyperWorks/HyperView/HyperGraph 2020 新機能(後半)
CAEモデリングおよびビジュアライゼーションのためのインターフェースが刷新され、生産性が向上し、さらに習得が容易に。

Altair SimSolid 2020 新機能
新しい3次元シーム溶接により、溶接部の評価が可能に。

Altair OptiStruct/HyperStudy 2020 新機能
OptiStruct:陽解法ソルバーが新たに追加。2次元軸対称など、陰解法の非線形解析を強化。
HyperStudy:ブロック型ダイアグラムによる問題の設定、Knowledge Studioとの連携など。

Altair Radioss 2020 新機能
輸送機器向けの機能、電気製品の準静的解析と落下解析向けの機能、製造・加工向け機能など。


Altair AcuSolve 2020 新機能
GPUアクセラレーションにより、解析スピードが3~4倍に。核沸騰、輻射放射、蒸発 /凝縮、混相流の流体-構造連成(FSI)に対応

Altair HyperWorks CFD 2020 新機能
GPUアクセラレーションにより、解析スピードが3~4倍に。核沸騰、輻射放射、蒸発 /凝縮、混相流の流体-構造連成(FSI)に対応。

PCB設計のコラボレーティブ環境PollExセミナー
電子回路の設計は、回路の高速化や電源の安定性、部品ピッチの狭小化などから年々複雑になっています。そのため、先行開発部門やEMCスペシャリスト、生産技術部門などが互いに支援しながら設計を進める環境が必要です。

Altair PollExはこうした部門間のコラボレーションを強力にサポートする設計環境を提供します。本ウェビナーでは、電子回路の設計におけるPollExの活用例を紹介します。

セミナーの内容
-電子回路設計の協調設計について
-協調設計における問題について
-PollExによるソリューションについて
-デモンストレーション

次世代HyperWorksオンライントレーニング #5
次世代HyperWorksオンライントレーニング第5回「HWXの便利な機能」の録画です。

概要
- メッシュの移動や複写機能について
- メッシュの細分化機能について
- メッシュ同士の融合機能について
- ボクセルメッシュ機能について
- 部品の入れ替え

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

5Gインフラ評価のスタンダード WinProp電波伝搬セミナー
「第5世代移動通信システム(5G)」の基本的な解説に加え 、Altair WinPropによる5G電波伝搬モデルの作成と評価、基地局の設置やアンテナ配置の検討について解説します。

セミナーの内容
・5G電波伝搬の現象​
・5Gカバレージについて​
 - 伝搬損失
 - 遅延スプレッド・角度広がり
・5Gネットワークプランニング​
 - ビームフォーミング​
 - モンテカルロ分析

次世代HyperWorksオンライントレーニング #4
次世代HyperWorksオンライントレーニング第4回「空間形状からヘキサ要素の作成」の録画です。

概要
- ソリッドの共有面作成
- ソリッドの分割
- ソリッドへのヘキサ・ペンタメッシング
- ソリッドメッシュの品質改善
- テトラメッシュの作成

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

次世代HyperWorksオンライントレーニング #3
次世代HyperWorksオンライントレーニング第3回「樹脂形状のモデル化」の録画です。

概要
- CADから中立メッシュ作成
- シェル要素への板厚割り当て
- 中立メッシュがうまくできなかった場合の修正方法
- リビルド機能について

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

Altair PollExご紹介ウェブセミナー
PollExによって、設計とEMCエンジニア、設計と生産技術、設計とデバイスメーカにおいて同じツール環境の構築が可能となり、製品開発のQCDが大幅に向上します。

本ウェビナーでは、PollExの概要および各種機能をご紹介します。プリント基板の設計、製造に携わる皆様はぜひご参加ください。

熱処理、熱問題解析セミナー
熱処理加工においては、効率的なワーク加熱のために適切な周波数の印加や、電源出力などが求められます。一方熱問題においては、発生した熱の速やかな冷却が課題となります。どちらのケースにおいても発熱分布を求めることが重要です。本ウェビナーでは、発熱に関するAltair Fluxのソリューションをご紹介します。

次世代HyperWorksオンライントレーニング #2
次世代HyperWorksオンライントレーニング第2回「板物(2D)モデルの作成」の録画です。

概要
- 中立面の自動抽出および修正
- サーフェスジオメトリの補完、編集
- バッチメッシュによるジオメトリ編集と要素品質を考慮したメッシング
- バッチメッシュに使用する基準値ファイルおよびパラメータファイルの作成
- 基準値ファイル、パラメータファイルのモデル全体とサーフェス単位でのファイルの使い分け

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

e-Motorデザインウェビナー
昨今の電動化の流れに伴い、電動機の開発に対する要求は日々高度になっています。中でも重量削減とコスト削減は重要な要求事項の一つです。本ウェビナーでは、これらの要求に対応するAltair FluxMotorのソリューションをご紹介します。

セミナーの内容

- 電動機の課題
- 複合領域最適化の必要性
- マグネット使用量削減事例
- 動作状況を通しての効率最適化
- 形状最適化事例

Altair SAOご紹介ウェブセミナー
Altair SAO(Software Asset Optimization)はソフトウェア資産を把握し、使用状況を視覚化、分析できるソリューションです。追加機能のAltair SAO Predictを使えば、予測も可能です。



次世代HyperWorksオンライントレーニング #1
次世代HyperWorksオンライントレーニング第1回「スケッチングとメッシュ作成、簡単な設計変更」の録画です。

概要
- スケッチ機能、スナップ機能が形状の作成をサポート
- 対話形式、サーフェスごとに指定するメッシング
- 用意した形状に投影させるモーフィング
- 任意の形式で出力可能

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

様々な振動音響問題を解析・対策するHyperWorksのNVHソリューション
HyperWorksには振動音響解析を実施するための様々なツールが含まれています。実世界で起こっているNVH現象を解析・対策することで、NVH性能に優れた製品を開発するためのソリューションをご紹介します。

様々な複合材料特性を解くMultiScale Designer
Multiscale DesignerはCFRP、繊維補強コンクリートなど、複数の材料を組み合わせた複合材料の材料特性(ヤング率、熱伝導率など)を算出するツールです。本ツールの概要、繊維配向を用いた解析テクニック、ユーザーの皆さまから頂いた面白いテクニックなどをご紹介します。

高度な非線形問題を解くOptiStruct
OptiStructは、静的解析から、動的解析、振動解析、音響解析、疲労解析、そしてマルチフィジックス解析まで、線形・非線形解析のための包括的で高精度なスケーラビリティに優れたソリューションからなる、実績ある最新の構造解析ソルバーです。

きしみ・がたつき音を予測・対策するSqueak and Rattle Director
Squeak and Rattle Director(SnRD)は、各種ソフトウェアオートメーションを統合した新しいタイプのソリューションです。アセンブリ内で生じる異音・低級音(S&R)の根本原因を排除するための設計案を、迅速に割り出し、解析できます。

大手メーカーも絶賛、Altair SimSolidのご紹介
2018年末に弊社が買収して以来、多くのお客様に驚きと感動を与えているメッシュレス高速構造解析ツールAltair SimSolidは、現在大手メーカ様を中心に、開発上流段階の形状検討や設計の絞り込み、比較検証などの作業にかつてないスピードを提供しています。



メッシュ分割不要の独自新技術、部品選別/形状簡略化不要、CADモデルをそのまま利用、メッシュエラー無し、CPUで計算可能(GPU等の高価なハードウェアの追加購入不要)といった、SimSolidの機能と特長を本セッションでご紹介します。


製品概要 | 14日間無償試用版申請


SimSolidを搭載したInspire で形状変更⇔解析が高速化!開発期間の短縮方法
SimSolidのジオメトリベースの構造解析ソルバーがAltair Inspire 2019.4に追加されました。これにより、日本語環境の直感的で使い易いGUI上でSimSolidを扱えるようになりました。さらに、InspireのダイレクトモデリングやPolyNURBS機能を利用して形状作成・変更を素早く行えます。



本講演では、SimSolidのソルバーが搭載された新しいInspireを使用して、設計変更と性能確認の繰り返し工数を短縮する方法をご紹介します。

SimSolidの国内外事例
ルノー社における車両サブフレームへのSimSolid適用例、中国武漢市にある5500パートに及ぶ回転舞台の解析、複雑でメッシュ作成が困難な人骨の形状に適用したカナダの事例、リードタイム短縮にSimSolidが寄与した事例を多数ご紹介します。




製品概要 | 14日間無償試用版申請


積層造形向けの設計/シミュレーションツールInspire Print3Dご紹介ウェビナー
<2020年2月18日(火)放送>

Altair Inspire Print3Dは積層造形の方向やサポート材の検討、プリントシミュレーション、造形プロセスにおける欠陥の特定、プリント用ファイルのエクスポートが可能なソフトウェアです。Inspire Print3Dのこれらの機能や特長を紹介するウェブセミナーです。


■主な機能と特長
- 部品やサポート材の設計
- 操作方法がわかりやすいユーザーインタフェース
- プリント解析
- 欠陥の特定

- プリント準備


■無償試用版
14日間の無償試用版をご利用いただけます。solidThinkingウェブサイトよりお申し込みください。

日本語メニューと進化した使いやすさ - ハイエンドCAEプリポスト HyperWorks X
<2019年 7月31日(水)放送>

企業や研究・教育機関で世界トップクラスの実績を誇るCAEプリプロセッサーHyperMeshが、「HyperWorks X」としてリニューアルされました。


日本語メニューになったほか、深いコマンド配置の撤廃、操作に迷わないよう工夫された様々なガイド、広範囲かつ複雑な課題に対する同一の操作環境など、操作感も一新され、ユーザーを強力にサポートします。ハイエンドな機能はそのままです。




■主な機能と特長

NURBSカーブ、サーフェス、ソリッド、PolyNURBSによる自由度の高い3Dモデリング
企業や研究・教育機関で世界トップクラスの実績を誇るCAEプリプロセッサーHyperMeshが、「HyperWorks X」としてリニューアルされました。

日本語メニューになったほか、深いコマンド配置の撤廃、操作に迷わないよう工夫された様々なガイド、広範囲かつ複雑な課題に対する同一の操作環境など、操作感も一新され、ユーザーを強力にサポートします。ハイエンドな機能はそのままです。

  • 刷新されたユーザーインターフェースと日本語メニュー

  • ガイド機能

  • モデリング機能

  • モーフィング機能






■放送中にいただいた質問

Q: 現在Evolveを使用していますが、バージョンアップはどうすれば良いですか?

A: 弊社もしくは販売代理店までご連絡いただければ、Inspire Studioのライセンスをご案内します。尚、EvolveデータはInspire Studioで読み込めますが、構成履歴がなくなってしまいますのでご注意ください。

Q: 既存のHWUでHyperWorks Xも利用できますか?

A: 既存のHWUで利用可能です。


Q: 21HWUでHyperWorks X、HyperMesh、SimLabを利用できますか?

A: いずれも21HWUでご利用いただけます。


Q: システム要件とハードウェアの要件を教えていただけますでしょうか。

A: システム要件等は、こちらからご確認ください。


Q: HyperWorks Xをインストールしましたが、メニューが日本語化されていませんでした。メニューを日本語化する方法を知りたいです。

A: HyperWorks Desktop 2019.1から日本語対応となりました。FileプルダウンのPreferenceメニューから、Applicationの項目で言語を変更できます。


Q: SimLabとの使い分けは、シェルを使うかソリッドを使うかだけの違いになりますか?

A: シェル、ソリッドだけではなく、SimLabにはエンジン特有の機能や、PT特有の機能があります。一方、車体モデルの構築や幅広い機能を有しているのがHyperWorks XとHyperMeshの強みです。それぞれの製品の強みを活かして独立した製品として今後も開発が進む予定です。


Q: CADジオメトリを編集すると元データも影響を受けますか?

A: ジオメトリを編集しても、元のデータには影響はありません。HyperWorks Xにおいてのみ形状が更新されています。


Q: HyperWorks X、HyperMesh、SimLabの使い分けを教えてください。それぞれどのような方をターゲットとしていますか?

A: HyperWorks Xは今回ご紹介したようにHyperWorks初心者の方やこれから覚えていく方のほか、既存のHyperWorksユーザーにとっても時短効果が高いツールです(HyperMeshも引き続きご利用いただけます)。SimLabはPT特有の機能が多数搭載されており、特にソリッドモデリングに強みがあります。


Q: HyperWorks Xはメッシャーという理解でいいでしょうか。解析の条件設定などは従来のHyperWorksで実施するのでしょうか。

A: HyperWorks X内で境界条件設定も可能です。基本的には、HyperMeshにあるコア機能は全てご利用いただけます。


Q: モーフィングの機能紹介が基本的にシェル要素に関する内容でしたが、テトラ要素やヘキサ要素を使用する場合の使い勝手は向上していますか?

A: 向上しています。大規模により強く対応する方針です。


Q: CATIA-V5(.CATPart)のモデルインポートには従来どおり、別途オプションのライセンスが必要なのでしょうか。

A: CATIA V5については別途ライセンスが必要となります。


Q: HyperWorksクラシックとHyperWorks Xとの間でのhmファイルの互換性はありますか。

A: 互換性はあります。相互に行き交うことが可能です。


Q: import、exportのパス名に日本語が入っていた場合も読込、書込ができますか。

A: パスに日本語が入っていても読込可能です。ただしドラッグアンドドロップでは読み込めないのでご注意ください。


Q: HyperMeshとHyperViewがXで一緒になったということは、積層材メッシュのPly+Laminate表示がポスト処理でも可能になっているのでしょうか?

A: 今後ポスト機能の搭載に合わせて順次可能になる見込みです。


Q: 開発でPythonを用いる場合、今までのTCLでのAPIがPythonにもすべて移植されているのでしょうか?

A: TCLでのAPIが今は標準的な使い方であり、今後も続きます。PythonはPlatFormとしては対応していますが、現時点でCommandWindowのような使い方はまだ使用環境が完全に整っておらず、利用開始はもう少し先になる見込みです。


Q: .modelという拡張子のものをimportできますが、そのモデルに対しても今回の拡張されたモデル修正機能を使用することはできますか。

A: .modelはCATIAのインターフェースとなりますが、今回ご紹介したジオメトリの一般的な編集が可能です。CADパラメーターの直接編集は現状NXのみとなります。


Q: CADのジオメトリ直接修正が紹介されていましたが、HyperMeshのCATIA Readerのようなオプションのアドオンリーダーなどは必要でしょうか。

A: パラメータ編集と同時に、バックグラウンドでCAD側の編集を行い自動更新するCADアップデート機能については、現在のところNXで作成されたファイルのみに対応しています。また、NXを起動できる有効なライセンスが必要です(弊社側の追加オプション等は不要です)。HyperWorks Xの大きな特徴であるダイレクトモデリングについては、CADの種類に関わらず編集が可能です。



■発表資料のご案内
ウェビナー中で使用した資料をダウンロードいただけます。
資料をダウンロード

エンジニアリングにおける機械学習
GoogleやAmazon、Facebookなどの世界有数の大企業は皆、データを収集し高度に分析する技術で市場に変革をもたらす、データ駆動型の組織です。データは「新たな石油」と呼ばれ、市場で優位に立つための原動力です。
ところが、エンジニアリング分野において、機械学習技術の活用の動きはあまり素早くありません。今後5年間で一番成長が見込まれている技術は、機械の故障を予測する予知保全です。機械学習を応用させることで、保守コストや稼働停止時間が減少するメリットがあります。
動画では、数値的手法の活用を始めたギネス社のイノベーションの紹介にはじまり、人工知能(AI)と機械学習(ML)の違い、エンジニアリング分野における機械学習モデルの作り方などを解説しています。
エンジニアリング分野における顧客事例として、実験データとシミュレーションデータを組み合わせて学習させ、数値流体力学の代わりに液体の流れを予測する事例、ロボットアームの予知保全プログラムの事例も動画の最後に紹介しています。
ご興味をお持ちの方はアルテアエンジニアリングまでお問い合わせください。





5G電波伝搬解析ウェブセミナー
近年注目集めている「第5世代移動通信システム(5G)」の基本的な解説に加え 、Altair WinPropによる5G電波伝搬モデルを紹介します。

  • 5Gについて



Altair HyperLife ご紹介ウェビナー =すぐにできる疲労解析ツール
Altair HyperLifeとは

Altair HyperLife は形状を確認しながら直感的に操作できる疲労解析ソフトウェアです。結果をHyperLife 上で確認でき、ウィークポイントをすぐに把握できます。
本ウェビナーではHypreLifeを利用した疲労解析の流れを解説し、他のAltair HyperWorks製品と組み合わせた評価手法をご紹介します。

ウェビナーの内容:
・疲労限度(SN:応力疲労、EN:ひずみ疲労)データベースの標準機能
・高サイクル疲労(SN)、低サイクル疲労(EN)の評価機能
・ランダム荷重履歴のインポート機能

*2019年6月25日放送

Altair HyperLifeの製品概要

より高性能なモータ開発のための 低周波電磁場解析事例のウェブセミナー
より厳しい条件下でより効率的な設計を求められるモータ設計の現場で、より短時間で設計課題を検討したい方、低周波電磁場解析ソフトウェアFlux を用いた、高精度・短時間な解析事例、データ形状最適化、解析手法の共有化・自動化の事例をぜひご覧ください。

より広範囲で正確な電磁波障害対策のための 高周波電磁界解析事例のウェブセミナー
数解法とその連成を特徴に持つ高周波電磁波解析ソフトウェアFEKO の EMC(エミッション・イミュニティ)解析事例をご紹介します。

鋳造欠陥を回避する! Click2Castの設計活用事例ウェビナー
Click2Castの最大の特長は、「シンプルな5ステップによる鋳造シミュレーション」で、ポロシティなどの鋳造欠陥の予測を容易に、かつ高精度に行うことができます。本ウェビナーでは、ユーザー解析事例など、実際に役立つ情報をご紹介いたします。(2017年3月)

モーション×最適化で構造をスリムに ウェビナー
Inspireは初期設計を行うために必要な3D ダイレクトモデリングに加え、材料の削減や軽量化に有効なトポロジー最適化機能、基礎的構造シミュレーション機能を搭載した設計エンジニアのためのソフトウェアです。
複雑な動きする機構部品の軽量化ができるInspireモーション機能をご紹介いたします。なお、板金部品の設計者向けの板厚最適化や、その他の新機能もご紹介いたします。
Inspire 2017.1

制御系とプラントを一括モデリング - 新時代の1Dシミュレーション - Activate/Compose 2017
制御システムとプラント(物理コンポーネント)モデルを同時に、かつ、メカ / 電機 / 熱等を組み合わせた複合領域の1Dシミュレーションが可能なActivateの新機能をご紹介します。また、Composeについては、新機能の紹介に加えて、従来はExcel等で数日を要していたCAE結果のプロット作成を数分で可能にした、3DCAEとの強力な連携による"スマート"ポスト処理機能も併せてご紹介します。(2017年3月実施)

STLからパラメトリックデザインへ - 意匠設計の革新ツール ウェビナー
Evolve 2017の新機能紹介を含めたヒント&ティップスをご紹介します。シミュレーション結果をデザインに反映させる数々のツールや、モデルに合わせてリアルを実現するためのレンダリングの設定など、3次元デザインを身近にするEvolveのテクニックをお持ち帰りください。(2017年3月実施)

Inspire 紹介ウェビナー - solidThinking 2016
Inspireは構造設計者向けのコンセプト設計ソフトウェアです。形状作成と編集、荷重条件、結果の確認等の新機能についてデモを交えながら紹介しています。
*2016年3月15日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016」の録画です。

Evolve 紹介ウェビナー - solidThinking 2016
Evolve 2016では、ポリゴンとNURBSの両方の機能を有するPolyNURBSが強化され、簡単な操作で複雑な形状をサーフェス化することができるようになりました。
*2016年3月18日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016」の録画です。

AcuSolve最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0
AcuSolve 14.0では、チュートリアルマニュアルが格段に充実し、問題設定の背景を含め、AcuSolveの機能をより楽に学習できる環境が整いました。
*2016年3月9日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016 AcuSolve編」で使用した資料およびその録画です。

MVD最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0
Model Verification Director(MVD)バージョン5の新機能を紹介するウェビナー

MVD(Model Verification Director)ウェブセミナー
Model Verification Director(MVD)バージョン4の新機能を紹介するウェビナーです。



MVDは、設計 / CAEチームの担当者に代わって、自動でCADモデルの検証を行い、メッシング作業のプロセスを遅らせる潜在的な問題を見つけ出します。検証の結果はPowerPointおよびExcel形式で出力でき、3次元でモデルを確認することが可能です。検証項目と部品点数にもよりますが、90%の工数削減を達成したユーザー様もいらっしゃいます。



バージョン4の新機能は以下のとおりです;
  • 浮き部品チェック

  • 材料名と板厚の比較

  • 新レポートレイアウトの追加

  • 比較機能、リスタート機能などの改善


CAEのためのモデリングにかかる時間を劇的に削減するMVDウェブセミナー
CAEのためのモデリングにかかる時間を劇的に削減する『Model Verification Director』(MVD)についてのウェブセミナーの動画およびPDF資料。

CAEのためのモデリングにかかる時間を劇的に削減するMVD
日本で開発しているMVDは、モデル検証の効率化のための機能とお客様のプロセスへの適用をパッケージ化したソリューションです。MVDの各種機能(CADデータの不具合を自動抽出・形状比較・自動レポート作成)と最新バージョン2.0についてご紹介します。

Altairウェビナーガイド
Altairウェビナーの、概要、接続方法等を記載したガイドブックです。

オンラインセミナー資料 2013


  • PDF(3.6MB)をダウンロード <1月23日><HyperWorks12.0リリース最新情報>強化されたメッシュ作成機能と対称性表示を可能にしたプリシステム&ビジュアライゼーションツール
オンラインセミナー資料 2012
アルテアエンジニアリング主催のオンラインセミナーに関する資料

オンラインセミナーアーカイブ(2012)


OptiStruct最新版紹介 - HyperWorks14.0
OptiStructは静荷重および動荷重下の線形および非線形構造の問題に対応する構造解析ソルバーです。弾塑性解析や接触解析における新機能、ラティス構造最適化の強化内容などについて紹介しています。
*2016年3月7日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016 OptiStruct編」で使用した資料およびその録画です。

RADIOSS最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0
RADIOSSは動荷重下での極度な非線形の問題に対応する優れた構造解析ソルバーです。より強化された非線形解析機能(接触、破壊モデル、複合材モデル、ホットスタンピング、新時間ステップなど)を紹介しています。
*2016年3月8日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016 RADIOSS編」で使用した資料およびその録画です。

MotionSolve最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0
MotionSolve 14.0における3次元接触のためのメッシュ取り扱いの注意点、および、MotionView 14.0での接触設定の機能強化を紹介します。
*2016年3月10日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016 MotionSolve編」で使用した資料およびその録画です。

HyperForm / HyperXtrude最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0
HyperWorks 14.0では、生産技術系のアプリケーションも新たな進化を遂げています。本セミナーでは、HyperForm / HyperXtrude両製品の新機能を中心に紹介しています。
*2016年3月11日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016 HyperForm / HyperXtrude編」で使用した資料およびその録画です。

FEKO最新版紹介ウェビナー - HyperWorks14.0
FEKO 14.0では、モーメント法(MoM)およびマルチレベル高速多重極法(MLFMM)で曲線状のワイヤセグメントメッシュをサポートします。

*2016年3月14日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016 FEKO編」で使用した資料およびその録画です。


RSS icon Subscribe to RSS Feed

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています