HyperWorks Automate

Automateは、HyperWorksデスクトップ環境のユーティリティソフトウェアです。ユーザーが作成した定義済みタスクのリストを元に、フローベースのプロセスを作成して実行できます。

Image
HyperWorks Automateのご紹介 Automateは、プロセスベースのワークフローを簡単に作成、実行するための、HyperWorksデスクトップ環境における新しい高度なユーティリティです。

動画を視聴する
Image
HyperWorks Automateの使用例 こちらの動画では、Automateのメソッドグループでプロセスを事前定義する方法の例を紹介しています。これにより、バックグラウンドで使用されているプログラムの複雑さを気にすることなく、目の前のタスクに集中することができます。

動画を視聴する
Automate は、プロセスベースのワークフローを簡単に作成、実行するための、HyperWorks Desktop環境における新しい高度なユーティリティです。Automateによりユーザーは、プログラミングされたタスクで構成されるブロックを定義し、それらをドラッグ&ドロップで配置することで、希望するプロセスを作成することができます。


利点

専門知識のレベルが様々に異なるユーザーであっても、それぞれがAutomateの利点を享受できます。設計および解析エンジニアの場合、より効率的にプロセスを実行することができます。メソッドのチームと管理者は、ベストプラクティスと高度な専門知識を組み込んだ、使いやすいツールをエンジニアに提供できます。

設計エンジニアと解析エンジニア

  • 退屈で反復的なタスクを自動化

  • より多くの時間を製品設計とパフォーマンスの向上に注げるようになる

メソッドのチームと管理者

  • エンドユーザーの要件を満たすためのソフトウェアのカスタマイズが容易

  • 自動化を通じ、社内プロセスに対する遵守が向上

機能

タスクデフォルトのタスクライブラリ
ユーザー定義のタスク
プロセスの複雑さを隠蔽するスーパーブロックを作成
プロセスプロセステンプレートのライブラリやユーザー定義のプロセステンプレート
複数のデータセットを用いるプロセステンプレートの実行
プロセステンプレートの保存と再利用
実行モードインタラクティブモード(デフォルト)
バッチモード
デバッグモード
プログラミングサポートITCLおよびTCL/TK
データタイプ:

• 整数型
• 文字列型
• 浮動小数点型
• ユーザー定義型(ITCLオブジェクト)