Altair ElectroFlo™

Altair ElectroFlo™は多機能を備えた効率的な熱解析ソフトウェアです。今日の電子機器解析者や設計者が直面している難題を、強力な熱-電気連成解析とオブジェクト指向の使いやすいGUIで解決に導きます。

Image
Image

Quote
「ElectroFloにより、トレース加熱からの実際の熱拡散を考慮した熱モデルを、推測や単純化を行うことなく作成可能になりました。これによって、より精度の高いモデルが作成できるほか、従来のように試験段階まで発見できなかった熱問題やボトルネックも指摘されるようになりました」
–Dr. Satish Ketkar, Thermal Expert and Professor
LG Chem & Wayne State University

利点

他の解析ソフトウェアでは難しい電子機器製品の熱解析も、ElectroFloなら簡単に実行できます。非常に多機能ながら、CFDの専門家でないユーザーにとっても使いやすい設計です。安定性抜群の高速ソルバーを搭載しているため、きわめて複雑なモデルの熱 / CFD / 電気解析を数時間で完了できます。さらに、ElectroFloを利用すれば、非常に面倒で工数もかかるモデルのクリーンアップや一体化といった業務から、解析者が解放されます。これにより、個々の問題に合わせてターンキーソリューションをカスタマイズできるようになるだけでなく、コンポーネントのモデリング時間の大幅な短縮にもつながります。

電圧、温度、流れの解析をすべて連成させることで、モデル内の導体を流れる電流によって生じる自己加熱効果を、正確に調べることができます。通常、複雑な回路のトレース加熱の予測を行うと過大設計に陥りがちですが、そうした難しい作業は必要ありません。

ElectroFloでは、熱放射の形態係数が自動的に適用および計算されるため、放射ネットワークをユーザーが隅々まで制御できます。電子機器に非線形荷重や境界条件を与えて試験を行うことも可能です。時間、温度、空間依存性のすべてをソフトウェア内で操作できるため、試験室では再現できないシミュレーションも実行できます。

ElectroFloでは、全体システムモデルにフローネットワークモデルを組み込んだ統合フローネットワークを利用できます。これは、ミニ / マイクロチャンネル、相変化ループ、複雑な熱交換器、コールドプレートなどを伴う、液冷システムのモデリングに最適です。モデルのドメイン外の物理現象も含めて冷却回路を設計することで、システム全体の圧力損失を算出したり、ポンプ要件を導き出したりすることも可能です。

さらに、マルチシステム解析では、熱システムをサブシステムに分割し、連成および同期させた数値シミュレーションを実行できます。これにより、コンポーネント、基板、筐体の既存モデルを統合できるほか、既存アセンブリの再利用が可能になります。

活用される産業

熱解析ソフトウェアであるElectroFloは、熱解析を扱うあらゆる産業で活用できます。ElectroFloは、以下の産業で使用されています。

航空宇宙、自動車、コンシューマーエレクトロニクス、防衛、電子機器、新興エネルギーテクノロジー

関連するソリューション

Image
Charge Chargeでは、現実離れした単純なモデルに変換することなくモデル全体の電場を解析できるため、これまで解けなかった問題のシミュレーションが可能になります。 Learn More
Image
TAITherm TAITherm is a professional thermal simulation tool for comprehensive CAE analysis of both steady-state and transient-heat transfer conditions Overview Video | Learn More
Image
AcuSolve 産業や科学の問題を解くことのできる最先端の汎用数値流体力学(CFD)ソルバーです。ロバスト性、スケーラビリティに優れたソルバーテクノロジーが、比類のない正確さを提供します。 Overview Video | Learn More
Image
Flow Simulator Flow Simulatorは、流体、伝熱、燃焼の解析機能が統合されたソフトウェアです。 Overview Video | Learn More