HyperCrashの概要

HyperCrashは、Altairの非線形有限要素ソルバーであるRADIOSSをサポートするために開発されたCAEプリプロセッサーです。HyperCrashには、乗員シミュレーションなどの衝突安全分野の要件を解析するための包括的な機能が揃っています。

Image
HyperCrash 入門ビデオ HyperCrashを使って何ができるのか、一度入門ビデオをご覧ください。

Image
安全第一 – Maxi-Cosi社のチャイルドシート開発 新型チャイルドシートの開発では、安全性が最優先事項です。Dorel Juvenile氏がHyperCrashをポストプロセッサーに選んだ理由をご覧ください。 Read the Dorel Juvenile Case Study
RADIOSSおよびLS-DYNAソルバーをサポートし、定評のある衝突・安全モデリングプロシージャの自動化されたセットと直感的なGUIを併せ持つHyperCrashにより、解析モデルの作成時間を大幅に短縮しながら、高品質、高精度の結果を得ることができます。


利点

衝突シミュレーション向けのグラフィカルユーザーインターフェース

HyperCrashのユーザーインターフェースは、衝突安全モデルの作成、編集、設定向けに特化されています。この効率的なインターフェースは、使い方を習得しやすいだけでなく、各ソルバーに特化した強力なモデルチェッカーを利用することで、よくあるミスを防ぐことができます。

データベース主導

HyperCrashは、数百万要素の衝突モデルのプリプロセッシングを効率良く実行できるアーキテクチャーを備えています。モデルのチェック、貫通の修正、質量計算といったデータベース使用量の多い操作を、ユーザーの時間を奪うことなく迅速かつ正確に実行できます。

安全ツール

シートベルトのルーティング、ダミーのポジショニング、シート変形などの安全ツールが用意されており、簡単に使用できます。HyperCrashだけで完全なセットアップを実行できるため、エラーのリスクが低減され、効率性が向上します。

ギャラリー

ダミーモデルのポジショニング モデルブラウザーから、材料カーブの確認 ダミーモデルの運動連鎖の表現 板厚のコンター表示 衝突解析用のトラックモデル 応力コンター
ダミーモデルのポジショニング モデルブラウザーから、材料カーブの確認 ダミーモデルの運動連鎖の表現 板厚のコンター表示 衝突解析用のトラックモデル 応力コンター
Img Img Img Img Img Img

機能

Quality

Qualityモジュールでは、パート、コンポーネント、モデルを対象に数百におよぶチェックを行い、モデルの品質を評価することが可能です。シンプルな要素チェックからパートの結合性、ソルバーデータでのモデリングエラーまで多岐にわたるチェックを実行できます。含まれるQualityモジュールは以下のとおりです。

  • モデルチェッカーでは、数百に及ぶ独自チェックの実行、耐衝撃性基準に照らしたモデルのロバスト性の確認、ユーザー定義の基準チェックの実行が可能

  • モデルのクリーンアップと簡略化

  • 結合チェックにより、結合されていないパート、結合の不具合、溶接の不具合を特定

  • 初期交差 / 初期貫通のチェックと自動修正

メッシュ編集

HyperCrashからシームレスにHyperMeshを起動して、選択した部品のメッシュ変更などを行うことができます。HyperMeshを閉じると、変更した部分のみがHyperCrashで更新されます。

Safety Toolsモジュール

衝突シミュレーションと解析について、安全に関する特性全般の設定、編集、定義を行うための、分かりやすく直感的なインターフェースが搭載されています。標準的な安全ツール一式に加え、事前シミュレーションによってシートの座面と背もたれの両方でシートフォームを変形させることのできる、独自のシート変形ユーティリティも用意されています。Safety モジュールに含まれるのは以下のとおりです。

  • ダミーモデルのポジショニング

    • ダミーモデルを対話形式の操作でセッティング

    • ダミー位置の保存と呼び出し

  • シートベルトルーティングモジュール

  • シート変形モジュール

  • エアバッグの作成、折りたたみ用のエアバッグツールセット

Mass Balance

Mass Balanceモジュールが、個々のパートならびに衝突モデル全体の質量と慣性特性を管理します。すべてのパートとコンポーネントの質量設定が終わると、HyperCrashは前輪と後輪にかかる質量にもとづいて、モデルの全質量のバランスを自動的に調整します。HyperCrashではこのほか、以下の機能を備えています。

  • パート、剛体、モデル全体のそれぞれの重心を表示

  • パート、剛体、モデル全体それぞれについて質量、慣性、重心をチェックしてレポートを作成

  • CADパートの質量にもとづいて、各パートの有限要素モデルの質量を自動的に調整

関連するソリューション

Image
RADIOSS RADIOSS は、衝突、衝撃、爆発、スタンピングシミュレーションといった動荷重下での非線形が強い問題に対応する、優れた構造解析ソルバーです。 Overview Video | Learn More
Image
MADYMO MADYMOは、乗員安全解析と設計最適化のための世界標準です。 Overview Video | Learn More
Image
Crash Cad Calculate Impact DesignのCrash Cad Calculate(CCC)は、耐衝突性構造物の構築に使われる梁といった、薄肉断面の設計を最適化します。 Overview Video | Learn More
Image
HyperMesh きわめて大規模なモデル作成が可能な高性能有限要素プリプロセッサーです。CAD形状データのインポートから、多種多様なソルバーの解析実行まで対応します。 Overview Video | Learn More