HyperCrashの新機能

Image
HyperWorks 2019 リリースウェビナー HyperWorks 2019でシミュレーション駆動型の設計探索を体験しませんか?ウェビナーシリーズのの詳細と登録はこちら Learn More & Register
Image
HyperWorks 2019の新機能をすべて見る 今回のリリースで追加されたHyperWorksの新機能をすべて見る Go to the New Features Page

  • Radioss 2019のユーザープロファイルが、HyperCrashに追加されました。

  • エアバッグの参照形状に定義された節点を選択して、それらの位置を変更できます。

  • File > Importを用いてモデルをインポートする際に、ImportダイアログのRecent Filesフィールドから、最近読み込まれたファイルやエキスポートされたファイルにアクセスできます。

  • グラフィック表現を有するエンティティのアイコンが、関連のパネルに表示されます。

  • LS-DYNAからRadiossへの変換に関連した、いくつかの改善がなされています。

  • LS-DYNAインターフェースにおけるダミー人形の事前シミュレーション法が、パペット法またはケーブル法に更新されています。

  • Replace Part by PairingツールがRadiossインターフェースに追加されました。これは、Model Browserのコンテキストメニュー“Part”からアクセスできます。

  • 複数の新しいチェック機能が追加されて、Radiossインターフェイス用のModel Checkerが強化されました。

Radioss 2019のユーザープロファイルにおける衝突モデル

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています