Virtual Gauge Director

相関化プロセスの効率を向上

Image
Virtual Gauge Directorの機能
Image
Virtual Gauge Directorの操作方法
CAE結果と試験結果の相関化は、CAEの戦略において非常に重要な作業です。相関化を行うことで、製品開発における信頼性が飛躍的に高まります。カスタマイズしたソフトウェアとサービスで構成されるAltairのVirtual Gauge Director(VGD)では、実験室で計測したひずみゲージ位置とまったく同じ位置のCAE結果を抽出したり、CAEモデル内の特定した位置の結果を補間したり、ゲージの局所座標系での結果を計算したりできるほか、相関係数の信頼性を高めることもできます。またVGDを使えば、モデル内の任意の位置の応力やひずみの値を補間することも可能です。

VGDには、さまざまな使いやすいパネルが用意されており、ゲージ位置の自動特定、CAE結果の確認と補間、問題のハイライト、および実機試験データとの相関化を行うことができます。

Quote
「Virtual Gauge Directorでは、ゲージ位置の自動特定、CAE結果の確認と補間、問題のハイライト、および実機試験データとの相関化を行うことができます」

利点

ソリューションの主な特長

  • ゲージによる相関化プロセスを標準化、簡略化、自動化

  • 試験室でのゲージ位置とまったく同じ位置の結果を抽出

  • CAEモデルの結果を自動的に補間

  • 複数ゲージのポストプロセッシングにより、モデル全体を確実に相関化

  • HyperWorks環境にシームレスに統合

次のような企業に最適です

  • CAEシミュレーションのモデリングと結果を検証するために、試験室でのひずみゲージの結果を処理する必要がある