Weld Certification Director

溶接検証プロセスを自動化

Image
Weld Certification Directorの機能
Image
Weld Certification Directorの操作方法
AltairのWeld Certification Director(WCD)は、ベースソフトウェアに顧客固有の追加機能と統合サービスを組み合わせることが可能なソリューションです。これにより、溶接線が機械要件に与える影響を特定・解析する時間を短縮することができます。HyperWorks環境に完全に統合され、直感的なインターフェースが搭載されたWCDを使用することで、設計の初期の段階で、溶接線の疲労性能の算出および懸念領域の特定が可能になります。

Weld Certification Directorを使用すれば、エンジニアは、数千もの溶接線が含まれることもあるモデルのセットアップに煩わされることなく、結果の解釈に集中できるようになります。WCDでは、複数の接合タイプの溶接線が自動的に特定されるため、構造内のすべての溶接線について完全な評価を迅速に実行することができるだけでなく、懸念される性能への影響も確認することができます。こうした検証作業は、標準的な規則または顧客固有の手法に基づいて実行できます。


利点

  • 構造全体の複数の接合タイプについて疲労問題を確認

  • 構造全体の溶接線を特定・分類

  • 一貫性のある効率の良い手法を使って、完全な溶接線検証プロセスを実施

次のような企業に最適です:

  • 溶接線の多い製品を製造しており、溶接線が製品性能に与える影響を確認したい

  • 溶接線の疲労規則適合を検証する必要がある

  • エンジニアが重要な結果の検討と理解に集中できるようにしたい

関連するソリューション

Image
HyperMesh きわめて大規模なモデル作成が可能な高性能有限要素プリプロセッサーです。CAD形状データのインポートから、多種多様なソルバーの解析実行まで対応します。 Overview Video | Learn More
Image
HyperView 有限要素解析(FEA)、マルチボディシステムシミュレーション、CFD解析結果、デジタルビデオのための完璧なポスト処理兼ビジュアライゼーションツールです。 Overview Video | Learn More